ヘルニア

【お尻がしびれる】お尻がしびれても整形外科では治らない3つの理由

投稿日:2018年5月11日 更新日:

【お尻がしびれる】お尻がしびれても整形外科でよくならない

結論から言います。

治療が間違えているだけです。

きちんと治療すればあなたの腰痛はかなりの確率で良くなるはずです。なぜなら当院に来られる患者さんの大半が同じことを繰り返しています。腰が痛くなるとまず整形外科へ通います。

通っている間に、ロキソニンなどの痛み止め、湿布、腰の牽引、電気治療、マッサージなどだと思います。

残念ながら全て「間違い」です。

だからあなたの坐骨神経痛やヘルニアの腰痛は良くならないんです。ではどうしたらよくなるのかお話をしていきます。

【お尻がしびれる】整形外科の治療法とは?

レントゲンを撮って異常を発見するのは整形外科の仕事です。もし 手術や固定などの高度な処置をするのがお医者さんの仕事です。だからレントゲンに異常がなければ様子を見ましょうって言われるのは当然のことです。

様子を見るのに痛みを抱えたまま返すのが良くないということもあり、痛み止めや湿布を処方されるわけです。ここに治療や改善という概念はありません。あるのは「対処療法」という考えだけです。痛みがあるからそれを抑えるということだけです。

しかしあなたは痛みを治したくて診察を受けるわけです。ここにミスマッチが生まれています。

求める治療と提供する方法が間違っている。

次にレントゲンを撮ってみて、「骨と骨の間が狭くなっている」、「異常がないから坐骨神経痛ですね」、「ヘルニアがある」、「脊柱管狭窄症である」という診断を受けた方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこれらの診断を受けた方でも多くの方が改善しています。

【お尻がしびれる】お尻のしびれを解消できる治療方法

ラッキーだったのでしょうか?おそらくはきちんと適切な治療を受けれたのだと思います。

気をつけないといけないのは下肢にビリビリとしたしびれなどがあれば病院や医師の指示に従うほうが賢明だと思います。しかし、それ以外の方は坐骨神経痛、ヘルニアは改善する可能性が高いです。

というのは、四十歳以上の健康で腰痛のない人の腰部のレントゲンをとっても「骨の間が狭い」、「ヘルニア」、「狭窄症だと言われる腰の状態」を見つけることができます。

これを読めば大体の腰痛治療が嘘だとわかります!

ここから言えることは必ずしもそういったことが坐骨神経痛やヘルニアによる腰痛の原因であるとは言えないということです。要するに腰痛で整形外科に受診して、レントゲンを撮ってヘルニアが見つかったからといってそれが腰痛の原因であると決めつけてしまうのは確実性にかけます。

問題がそこにないのに MRI をとっても問題が見つからないのは当たり前のことです。さらに整形外科での通院を促されて、リハビリを受ける方も多くいらっしゃいます。そもそもが対処療法であるためにリハビリを受けても、坐骨神経痛やヘルニアによる腰痛が改善することはありません。

そこで指導される運動や腹筋などの筋力アップのためのトレーニングも効果はとても薄いです。逆にそう言ったことを無理にしてしまうと腰痛が悪化してしまうということも少なくありません。間違った治療をしていれば治らないばかりか悪化してしまうこともあります。

そうしているうちに勧められるのが「手術」。

誤解してほしくないのが、手術を否定しているわけではないということです。

先ほども言いましたが整形外科の先生は高度な治療を担当されています。高度な治療を必要な患者や症状が必ずあります。しかし、そうなる前に手術を回避できる腰痛も必ず存在します。

そこへたどり着くまでに適切な治療をしていないからです。

私はあなたにはそうなって欲しくありません。

だから正しい情報をお伝えしています。

当院に来られる多くの患者さんも同じような経緯を経て来られます。

痛み止めを飲みすぎて胃や精神がおかしくなった患者さん。湿布をもらいすぎてタンスに溢れている患者さん。気がつけば整形外科に5年も通っている患者さん。「手術」を勧められたけれど、どうしても切りたくなくて来られた患者さん。

こういう方ばかりです。

【お尻がしびれる】お尻のしびれの痛みの治療方法とは?

もしあなたが坐骨神経痛やヘルニアによる腰の痛みを少しでも早く改善したいのであれば、治らない間違った治療法を選択するのではなく、正しい治療法を選択してください。

整骨院や整体へ通っているという方もいらっしゃるかもしれません。しかしそういった治療院でも対処療法やリラクゼーションに近い施術をしている場合が多いです。

私も以前はそうでした。正直言うとそちらの方が「気が楽」でした。リラクゼーションも必要なときもありますし、極めるにはとても高度な技術だと思います。

しかし患者さんが抱えられている痛みに向き合う「治療家」としては方向が違うと思います。

きちんと治療や痛みと向き合っている施術家もたくさんいます。あなたに見つけて欲しくて正しい坐骨神経痛やヘルニアについての情報をお伝えしています。この文章を読んでいただいている方で、当院に来られる方であればいいのですが、遠方で通えないという形でもお近くの治療家を紹介できます。(^。^)v

【お尻がしびれる】お尻のしびれや痛みが治る方法

これまで対処療法を受けてきたあなたは、にわかには信じられないかもしれません。

しかし坐骨神経痛やヘルニアによる腰痛を本気で改善しまくっている治療家はいます。キセキでもなんでもなく、基本的な解剖学や生理学の勉強を愚直に繰り返している人であれば少々の腰痛でも取り除くことはできます。

残念ながらそういう人に限って宣伝はヘタです。なのであなたがこの文章を読んで腰痛を本気で治したいと言う気持ちがあればぜひ連絡していただきたいと思います。

【お尻がしびれる】痛みの評価方法とは?

坐骨神経痛やヘルニアによる腰痛や治療院でネットの検索をすると、「改善率◯%」「独自の◯法」「一発で改善!」という見出しを派手に掲げている治療院が多いです。これらは基本的にはマーケティングの技術を使っているに過ぎません。

あなたももしかするとそうゆう看板に騙されて一度は整体に行ったことがあるかもしれません。残念ながら本物の治療家は「独自の〜」なんて言いません。むしろ、世界でも1、2を争うような治療家の弟子であったりします。

世界が言い過ぎでも日本で1番スキルのある先生に師事しているような治療家がいます。

あなたの坐骨神経痛やヘルニアによる腰痛も治ります。そういうスキルのある治療家にあなたにも出会ってもらいたいです。そうすることが、改善への確実な一歩です。

【お尻がしびれる】お尻のしびれや痛みを放置すると?

対症療法を続けていると、悪化してしまう可能性はとても高いです。だからこそ今のうちに手を打たないといけません。

もしあなたがなかなか治らない腰痛を抱えていて、お困りであれば数年後のことを考えてもらいたいです。その後どんどん悪くなっていって身動きが出来なくなって・・・と考えると恐ろしいと思います。

そんな不安も解消されますよ。数ヶ月も悩んでいることが、数日のうちに解決すると想像してください。まずはあなたに「正しい治療」と「対処療法の違い」ということを知っていただきたいと思います。

【お尻がしびれる】お尻のしびれや痛みを改善された方々

諦めなくてよかった 37歳 女性

へルニアと診断され、痛み止めを飲まないと起き上がることもできませんでした。

腰を反ることができなく、痺れもお尻から太ももの裏にかけて強く出ていました。手術しかないかもと不安がっておられましたが、数回の通院で痺れが改善しました。腰の伸展はその場でよくなりました。

 

抱っこをするたびに痛かった 43歳 女性

子供を抱っこすることが多くて、太ってきたこともあり来院。

腰が痛くて子供目線でしゃがんで行動することが辛くて仕方がなかったけれども、施術を受けるのと栄養を変えるのとで体質と腰痛がみるみる改善していきました。

二度とならないために 43歳 男性

造園業で慢性的に腰が痛くてそれを我慢していました。ある日からお尻に痺れが出るようになり、整形外科で坐骨神経痛を診断されました。

忙しく、なかなか病院にも通えず、近所の整骨院でも全く良くならずにいてる時に、知人に紹介してもらいました。施術後は体が毎回嘘みたいに軽くなります。そういえば痺れがなくっています。

 

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

-ヘルニア

ネット特典を受け取る

Copyright© カラダもココロも整える整体|杉本接骨鍼灸院|八尾市・河内山本・高安 , 2019 All Rights Reserved.