腰が痛い

坐骨神経痛でお尻から太ももの痛みしびれがでる場所とは?

投稿日:

坐骨神経が圧迫される場所により痺れがでる場所も変わります。あなたの痺れがでる場所は次のどこですか?

坐骨神経痛で痺れが出る場所は?

・お尻
・太ももの後ろ
・太ももの外側
・太ももの前側
・膝の裏のすぐ下
・ふくらはぎ
・ふくらはぎの外側
・すねの外側
・足首の前側から足の甲
・足の裏

坐骨神経が走行している間に圧迫を受ける場所によって痺れがでる場所が変わります。それが上記のように範囲が広くなってしまいます。筋肉で圧迫を受けていることがほとんどでレントゲンやMRIでは見つからず、病院では判断ができないことが多いです。海外ではこれは当たり前のこととして通用しています。そして筋肉による圧迫が原因である場合、整体などの代替医療を優先的に受診して治療を受けています。
そして、海外では日本より圧倒的に腰痛や坐骨神経痛の割合は少ないという事実もあります。

坐骨神経痛は徐々に進行する

坐骨神経が長い期間、圧迫されることでダメージが大きくなります。痺れがあるにも関わらず、痛みに堪えながら無理をすると、さらにダメージが大きくなり、痺れの場所も変わってきます。
もっとも多いパターンをあげると、

腰が痛い → お尻の鈍い違和感や痛み → 太ももやふくらはぎの後ろに痛みやしびれ → 足の指のしびれ


となることが多いです。
だから、坐骨神経痛だと診断されればできるだけ早期に治療をしないとその痺れがひどくなっていくだけでなく、回復までの期間が長くなってしまいます。

そして、神経への圧迫の期間が長くなり、ダメージが大きくなると、足先がずっとしびれている、足が動かせない、いわゆる「麻痺」という状態になってしまいます。

坐骨神経痛は進行して悪化する痛み

腰や首が痛くなって2日ほど経過すると、いつの間にか痛みが消えているということはあります。しかし坐骨神経痛は神経を圧迫している原因を取り除かないとどんどん悪化して痺れが強くなり歩くにも困難が発生するケースが多いです。数日しても全く改善しない場合は速やかに、整体や整骨院、鍼灸院などの治療院へ相談なさってください。

前述のように坐骨神経痛の症状を我慢して放置している期間が長いほど、症状は悪化してしまいます。そして、施術をしても回復が遅く、改善に時間がかかってしまうケースが多くなってしまいます。神経は長い時間、圧迫されると、神経自体が損傷してしまいます。症状が坐骨神経痛かも?と当てはまるのであれば、早めの対処が必要です。

腰は痛くないでも、「痺れ(しびれ)」がある坐骨神経痛とは?

坐骨神経は腰の背骨から始まっているので、腰部で神経が圧迫を受けることが多いです。そのため、痺れが起きる前に腰が痛くなることが多いです。ギックリ腰や腰の違和感を感じることがほとんどです。一般的にも腰痛があるから坐骨神経痛も起こるという認識の方が多いかと思います。
しかし、痺れが強くなるが腰痛がなくなるケースもあります。この場合、患者さんは「1日ヶ月前より、痺れが強くなっている。」「痛み止めが全く効果がなくなった」と訴えることが多いです。

しびれは強いが「腰痛がなくなったこと」と「状態がよくなったこと」は一致しません。むしろ、以前よりも状態が悪くなっていることがほとんどです。

「腰が痛い」だけなら、背骨の動きや筋肉が硬くなったりすることが原因ですが、「痺れ」がある場合は、「神経の圧迫」が神経の走行のどこかで絶対に存在します。筋肉や関節での異常ではなく、神経への影響を与えている原因があるということを考えるべきです。

痛み止めを飲んでもほとんど効き目がわからないということはありませんか?「痛み止め」は文字通り、痛みを抑えるものですので、「神経の圧迫」による「しびれ」や「麻痺」にはほとんど効果はありません。

坐骨神経痛でお尻から太ももの痛みしびれがでる場所:まとめ

坐骨神経痛で痺れのある場所がわかれば神経のどこで圧迫を受けているかわかります。その原因となる病気に腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症、梨状筋症候群、変形性脊椎症などがあります。

ただし、最近の調査ではレントゲンに映っているもの、すなわち「骨の異常や変形」が原因になることは少ないという統計がありますので、筋肉による圧迫がどこかにあって痺れがあると考えて治療を進めるべきです。
整形外科では骨の異常を発見して、そこに原因を当てはめます。回復が遅い場合は速やかに他の治療法を選択肢に入れるようにしてください。

-腰が痛い

Copyright© 家族の健康も改善できる!女性のためのダイエット|八尾市・杉本接骨鍼灸院 , 2018 All Rights Reserved.