杉本敏男

昭和49年2月21日
大阪府柏原市生まれ
柏原小学校卒
智辯学園中等部卒業
北海道大学卒業
アリゾナ州立大学卒
国際東洋医療柔整・鍼灸学院卒
滋慶学園 東洋医療専門学校専任教員
モード学園 大阪医専専任教員
大阪府下整骨院・鍼灸院勤務
西上整形外科勤務
アーベイン内科クリニック勤務
2010年八尾市恩智に子育て応援・寝た切り予防をテーマに杉本接骨鍼灸院を開業
慢性腰痛専門院として八尾市で有数の治療院として活躍させていただいています。

3人の子どもの父親です。

仕事で朝早くから夜遅くまで院にいますので、ほとんど育児に参加してないかもしれません。

でも、子供と遊ぶのは大好きです。

写真は近所の玉串川です。

この仕事のきっかけ

 

「人を助ける仕事」をしたいということをずっとなんとなくですが、考えていました。

何も考えずに大学に入学し、卒業する際に就職先を決めるのに困っていました。

そんなときに母方の祖母が「柔道整復師」という仕事があることを教えてくれました。

祖母は生涯あんまの仕事をして女手一つで3人姉弟を育て上げました。

そのすすめもあり、柔整師とはり師きゅう師の資格をとりました。

しばらく専門学校の教員と整骨院でのアルバイトを両立させながらお金を貯めました。

開業する前の年に結婚し、子供が生まれました。

整骨鍼灸院の開業直前に長男が1歳だったし、嫁のお腹には二人目がいました。

子育ての大変さが本当に身に沁みました。

そして、私の院の方針が「子育てママや女性を応援する」になりました。

特に産後の体重の変化やお腹のたるみ、

身体の不調などの原因を研究していくうちに、

食事や運動の重要性に気付きました。

そして、行きついたのが独自の「糖質制限ダイエット整体」です。

独自とはいえ、オリジナルはきちんとありますので、

ご安心ください。

いろんな先生の素晴らしい知識や技術を

(いいところだけパクって組み合わせはオリジナルです!)

健康で美しく、痛みのない生活を送りたいと願う患者さまに

寄り添った医術を心がけております。

偉大な人の知恵を拝借・・

院を経営するために必要なものが2つあります。

まずは治療技術。

これがなくては誰も助けることができません。

治療技術を裏づけるための知識も必要です。

技術に関してはセミナーに参加しまくりました。

なかなか治せない症状があるとDVDを買ってみて次回に活かすようにしましたし、その先生に直接伺って学習することも多々あります。

このダイエット整体に関しては、糖質制限を主体にしております。

日本で糖質制限を広めた先生は京都の高雄病院におられる江部康二医師です。

江部先生主催の糖質制限セミナーにも参加させていただいており、基本を間違えないようにそして、常に情報をアップデートしております。

2つ目は集客とリーピートです。

マーケティングと言い換えてもいいかもしれません。

治療院経営だけでなくほとんどの業種でこれをしません。

いいサービスや商品を扱っていると、患者さんやお客さんが勝手に集まってくると思っている経営者が多いです。

だから一生懸命筋肉をほぐしたり、飲食であればフライパンを振っているだけ。

必要ですが、それだけでは行列ができません。

そうなるためにもどうすれば人が集まってくるのか?どうすればリピートしてもらえるのか?紹介がもらえるのか?考えないといけません。

マーケティングの存在と重要性を教えてもらったのが「ますだたくお」先生です。

元々は滋賀県の整体師ですが、今では年商数十億の会社の代表です。

マーケティングの師匠です。

「ますだたくお」の書籍

後進の指導も

栄養を活かした整体を学びたいと言う多くの治療家が集まってきてくれます。

当院のセミナー風景です。

先輩たち

アメリカに5年ほど留学し、大学を卒業しました。

その際に栄養とスポーツの関係を学びました。

その時の経験を通して学んだものを、現在の治療と栄養指導へ活かしております。

アリゾナ州立大学は米国でも有数のプロスポーツの選手を排出しています。

ちなみに先輩として次のような人がいます。

ボブホーナー

メジャーリーガー、一時期ヤクルトにもいました。

バリーボンズ

サンフランシスコジャイアンツの強打者。

フィル・ミケルソン

プロゴルファー。最強のレフティ

レジージャクソン

殿堂入りするほどの伝説のバッター

バリーボンズとは親戚。

投稿日:2018年6月14日 更新日:

Copyright© 家族の健康も改善できる!女性のためのダイエット|八尾市・杉本接骨鍼灸院 , 2018 All Rights Reserved.