腰が痛い 不妊治療・妊活

妊婦さんの腰が痛い!妊娠中でも整体で腰痛を解決する方法

投稿日:

 

「妊娠してから、腰が痛くて我慢できないけど、整体でどうにかならないの?」

「妊婦でも受けられる腰痛・坐骨神経痛で整体を探している!」

 

すぎとし
この記事はそんなあなたのために書きました。

妊婦さんの腰痛の原因とは?

妊娠前は腰痛なんて感じたことがなかったのに、妊娠後にお腹がどんどん大きくなるにつれて腰が痛くて仕方がないという妊婦さんも多いのではないでしょうか?
妊娠中の腰痛の原因として大きく分けて二つあります。
一つは骨盤や背骨の動きが悪くなるということと妊娠を維持するためのホルモンバランスがあります。

骨盤や背骨の歪み

妊娠をすると腰が痛くなる原因とは、お腹が大きくなるにつれてどうしても反り腰の状態になってしまいます。

この反り腰の状態は背骨(腰椎部)に負担がかかってしまいます。中でも背骨の深い層の筋肉である「多裂筋」とお尻の部分にある「仙結節靭帯」に大きな負担がかかってしまいます。この「多裂筋」と「仙結節靭帯」に負担がかかってしまいあまり機能的に動かない状態になってしまうと骨盤や腰椎部がスムーズに動かなくなってしまいます。

そうすることで血流の不足が起こったり、さらに周りにある筋肉が硬くなってしまいます。
ほとんどの腰痛の原因は筋肉や関節を「機能的」に動かせないことで発生してしまいます。

妊婦さんはお腹がどんどん大きくなっていく状態でしかもお腹に一つの命があることで、とても慎重に動かざるを得ません。だから「多裂筋」や「仙結節靭帯」が硬くなり腰痛を引き起こしやすくなります。

子宮を緩めるためのホルモンバランス

妊娠すると胎児のスペースを確保するために子宮を弛緩させる必要がありますその際に分泌される「リラキシン」というホルモンがあります。
リラキシンが分泌されると子宮が緩み周りの血管、神経、骨盤を圧迫させてしまいます。

このことにより腰痛が起こりやすくなっています。

ホルモンの分泌を抑えるということはできませんので、それ以外の腰痛の原因を抑えることが肝要になります。

妊娠中にマッサージはしてもいいの?

妊娠中にはマッサージなどの刺激を与えないほうがいいという意見もありますが、確かに振動や電気を当てたり強く揉むということは禁忌です。
お腹の安全を配慮したストレッチやマタニティ体操といったものもありますので、同じ考えで局所にごく緩やかな刺激を与えることは問題ありません。
とはいえかかりつけの産婦人科医の指導のもとに行うことが一番良いと思います。

妊娠中の腰痛が病院では治らない理由。

産婦人科や整形外科では妊娠中の腰痛にはほとんど対応できません。というのも、妊婦の腰痛の症状に対して薬や湿布が処方できないからです。
病院での腰痛に対する処置とは痛みを止めるための薬かシップが基本だからです。妊娠中はそういった薬やシップをすることはできませんので、病院では妊婦さんの腰痛に対応ができません。
妊娠中に湿布を貼ってはいけない理由
湿布に使われているロキソニン、ケトプロフェンやインドメタシンなどはNSAIDs(エヌセイズ)と呼ばれる「非ステロイド性消炎鎮痛成分」です。過去にこの成分を含む湿布を妊娠中に使用したことにより胎児の動脈が収縮し胎児の死亡のリスクを高めてしまったケースがあります。
このため2001年から厚生労働省において妊婦の非ステロイド性消炎鎮痛剤の使用が禁忌となりました。

注意したい商品と成分名

商品名 成分名
モーラステープ ケトプロフェン
バンテリン インドメタシン
フェイタス フェルビナク
ロキソニンテープ ロキソプロフェン
ボルタレンテープ ジクロフェナク

 

妊婦さんの腰が痛い、整体で解決する方法:まとめ

妊娠中の腰痛が発生するメカニズムはお腹が大きくなることで、背骨や骨盤がうまく機能的に動かなくなることが原因で起こってしまいます。
だからこそマタニティ体操などを自宅で取り入れて頂いて、それでも改善しない部分を専門的に施術している整体でケアするべきだと思います。
あくまでもかかりつけの産婦人科医の指導に基づく行動が最優先です。

-腰が痛い, 不妊治療・妊活
-

Copyright© 家族の健康も改善できる!女性のためのダイエット|八尾市・杉本接骨鍼灸院 , 2018 All Rights Reserved.