40代・ダイエット

多くの人が勘違いするむくみの本当の原因と効果的な解消法

 

  • 夕方になるとふくらはぎがむくんでパンパン
  • 靴下の跡がくっきり
  • 飲み会の翌日は顔までむくんで腫れる
  • 指輪がむくみで抜けない

浮腫み(むくみ)は全身に起こって、多くの女性を悩ませています。

この記事では、体がなぜ「浮腫む」か?

という疑問と解消法をお伝えいたします!

むくみの原因は生活習慣や体質

むくみの原因は、体質や生活習慣によることがほとんど。

なかには病気の症状として現れることがありますが、夕方にむくみがきつくなるけど、一晩眠って朝には腫れが引いているなら、あまり心配しなくてもいいと思います。

しかし、浮腫み以外にも、体調が悪くなった、むくみの部分に痛みがある、急なむくみ、片足だけというケースは、まずは病院の受診をおすすめします。

長年むくみに悩んでいる、冬になるときつくなるという人は、まずはご紹介するセルフケアをお試してみましょう!

むくみとは?

人間の体の約60%は水分です。

そのうち40%は細胞の中にあって細胞内液と言います。その他の20%は細胞外(細胞外液)にあります。

むくみには「細胞外液」が関わっています。

細胞外液は細胞に栄養を届けたり、老廃物を除去する役割があります。

うちわけは血液(5%)、組織間液(15%)となり、通常はこれらの割合は維持されています。

むくみは細胞外液のバランスが崩れて組織と細胞の間に余分な水分が溜まった状態です。

むくみの原因は?

むくみの原因となる水分は、毛細血管(動脈)から毛細血管(静脈)へ移動する際に、漏れた水分です。

そういった漏れた水分も、本来であれば、リンパ管へ吸収されますが、血流が悪いとうまく循環しなくなります。

つまり、むくみの原因は「血液の循環」の悪化です。

ふくらはぎが浮腫みやすいのは、脚は心臓より下にあって重力がかかりやすく、血液が心臓に戻りにくいということに起因しています。

ふくらはぎの筋肉は、脚から心臓へ血液を戻すためにのポンプ作用をしています。

立ちぱなし、座りぱなしのまま、ふくらはぎの筋肉をあまり動かさないと、ポンプが働かず、心臓へ血液を送れなくなります。

さらに、体のラインを整えるために、ガードルなどの下着で締め付けることで、血行が悪くなやすくなります。

むくみの対処法の勘違い

むくみを解消するために、たくさんの対処法がありますが、中でもまちがっているものがありますので、ここで確認してください。

むくみ解消には、水分を控えたほうがいい

前述のように、むくみの主な原因は、血行の循環が悪くなると起こります。

血行が悪くなっている原因を取り除くことで、むくみは改善します。

摂取する水分が増えたからといって、むくみが悪化するということではありませんので、水分を控えてもむくみ解消には繋がりません。

ダイエットでむくみは解消する、は勘違い

適切な栄養と運動を行っていれば問題ないのですが、無理な食事制限で、栄養バランスが乱れると、むくみの原因となってしまいます。

体内のタンパク質は水分調整の役割を果たしていますので、野菜ばかりなどの食事ではむくみが強くなったり、逆に潤いがなくなってカサカサなお肌になってしまいます。

自宅で実践できるむくみ解消法

むくみを解消するため有効なのは、血液循環をアップさせること、そして塩分を摂り過ぎないこと。そのために今日からできることをご紹介しましょう。

血流をよくするためには

  • 栄養を改善する
  • 温める
  • 血管を強くする
  • 筋力をアップする
  • マッサージをする

が基本になります。

栄養を改善する

カリウムを摂取する。

塩分を摂りすぎるとむくみがつよくなりますが、これは塩に含まれるナトリムウムの働きによるものです。

ナトリウムには体から水分を出さないようにする働きがあります。

逆に、カリウムには体から水分を排出すること働きがあります。

カリウムを多く含む食品には、ほうれん草や小松菜、アボカド、バナナなどがあります。

ただし、腎臓が悪い方はカリウムを摂り過ぎると不整脈を起こすことがあるので注意が必要です。

温める

温めると副交感神経が働いて血管が拡がり、血行が良くなります。

入浴時には、シャワーではなく、お風呂につかるようにしましょう。

血管を強くする

血管を強くするには、炭水化物や糖質を避けて、タンパク質やビタミンを摂るようにします。

そうすることで血管の柔軟性が上がり、より多くの血液を運ぶことができるようになります。

筋力をアップする

筋力をアップすると毛細血管も増えます。

特に、ふくらはぎの筋肉を鍛えるとポンプ作用が上がり、脚から心臓への血流がスムーズになります。

マッサージをする

マッサージをすることも効果的です。

ただし、コツがあります。

1つ目は、鼠径部の筋肉をゆるめること。

2つ目は、足先から鼠径部にかけて末梢から中心部へさすり上げること。

鼠径部には脚へ血流を運ぶ大きな血管が通っています。この部分で狭窄されやすいので、血流をよくするためにはこの鼠径部をマッサージするとよいです。

ふくらはぎのむくみは下肢から心臓へ血流が戻りにくくなった状態です。

だから、むくみを改善するためには、足先から心臓へ向かうようにマッサージして下さい。

まとめ

むくみは、うまく吸収されなかった水分

むくみの主な原因は、血行不良

むくみは水分を控えても改善しない

血液循環には

  • 栄養を改善する
  • 温める
  • 血管を強くする
  • 筋力をアップする

などがあります

広告

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

XXX-XXX-XXXに電話する

© 2021 47歳の女性がなぜたった2週間で微動だにしなかった体重が減り始めるだけでなく体調までよくなったのか?