免責事項この記事には広告が含まれます

鍼灸治療 自律神経

あなたはどのタイプの冷え症?チェックと改善の方法

冷え症は、一般的に女性に多い現象とされていますが、そのタイプや症状は多岐にわたります。

本記事では、さまざまなタイプの冷え症に焦点を当て、東洋医学の視点からの解決方法をご紹介します。

冷え性をチェックするための10の項目を以下に示します。

もし該当する項目が多ければ、あなたは冷え性の可能性が高いかもしれません。

ただし、これはあくまで一般的なガイドラインであり、正確な診断は専門家に依頼することをおすすめします。

  1. 手足の冷え: 手や足が他の人よりも冷たく感じることが多い。
  2. 冬の寒さに弱い: 寒さを感じやすく、特に冬は外出がつらい。
  3. 疲れやすい: 身体的・精神的な疲れを感じやすい。
  4. 体温が低い: 通常の体温よりも低く、36.5℃未満のことが多い。
  5. 夏でも冷房が苦手: 冷房の効いた部屋や風が当たる場所が苦手。
  6. 生理痛がひどい: 女性の場合、月経時に強い痛みを伴うことがある。
  7. 肩こりや腰痛: 肩こりや腰痛を感じやすい。
  8. 夜、寝る時に足が冷える: 寝る時に特に足が冷えることが多い。
  9. お風呂から上がった後も冷える: 温かいお風呂に入っても、上がった後も体が冷える感じがする。
  10. むくみやすい: 足や手がむくみやすい。

これらのチェックリストに多く当てはまる場合、生活習慣の見直しや、血行を良くする運動、冷え性対策商品の使用などを検討するとよいでしょう。

タイプとタイプ別改善の方法

タイプⅠ:  全身型冷え症
タイプⅡ:  四肢末端型冷え症
タイプⅢ:  上熱下寒型冷え症
タイプⅣ:  ストレス型冷え症

タイプⅠ: 全身型冷え症

ポイント

全身の新陳代謝が低下し、気力や食欲の喪失などが見られることが特徴です。

生活習慣の改善ポイント

  • 休息と睡眠の確保
  • 有酸素運動の実施
  • 体温保持のための衣類
  • 消化の良い食物とバランスの良い食事
  • 陽性食品(体を温める性質のあるもの)の摂取

東洋医学の視点

  • 食欲不振: 「六君子湯(リックンシトウ)」
  • 腹部膨満感: 「大建中湯(ダイケンチュウトウ)」など

タイプⅡ: 四肢末端型冷え症

ポイント

血流の悪化により手足の冷えを感じるタイプ。特に若い女性に多く見られます。

生活習慣の改善ポイント

  • 筋肉量の増加とリラックスの促進
  • 黒い食材や温かい食べ物の摂取

東洋医学の視点

  • 足腰の冷え症: 「当帰薬散(トウキシャクヤクサン)」
  • 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)」など

タイプⅢ: 上熱下寒型冷え症

ポイント

上半身がのぼせて下半身が冷えるタイプ。月経トラブルや便秘などが起こることも。

生活習慣の改善ポイント

  • 深呼吸による気の流れの改善
  • 下半身の温めと筋肉強化
  • 食生活の調整

東洋医学の視点

  • 月経痛: 「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)」など

タイプⅣ: ストレス型冷え症

ポイント

ストレスによる自律神経の影響で感じる冷え。集中力の低下やイライラなどが見られます。

生活習慣の改善ポイント

  • ストレスのコントロール
  • リラックスの促進
  • 香り高い食材の使用

東洋医学の視点

  • 冷え症や不眠症: 「加味逍遙散(カミショウヨウサン)」など

タイプⅤ: 症候型冷え症

ポイント

頭痛や肩こりなど具体的な症状に冷えが関与しているタイプ。

生活習慣の改善ポイント

  • 体温保持
  • 温かい食べ物の摂取

東洋医学の視点

  • 頭痛や頭痛に伴う吐き気: 「呉茱萸湯(ゴシュユトウ)」など

本ブログは、冷え症に悩む方々へのガイドとなることを目指しております。お近くの鍼灸院でのカウンセリングを通じて、より個別化された対処法を見つけることもおすすめします。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。