免責事項この記事には広告が含まれます

書籍 栄養

80歳でも脳が老化しない人がやっていること:要約

西健之さんの著書「80歳でも脳が老化しない人がやっていること」は、高齢になっても脳を健康に保つための具体的な方法とマインドセットについて詳述した一冊です。以下に、その要点をまとめます。

created by Rinker
ノーブランド品
¥3,980 (2024/06/22 03:50:46時点 Amazon調べ-詳細)

脳の老化度診断方法

まず、脳の老化度を簡単に診断する方法が紹介されています。

目を閉じて片足立ちを30秒間行うというテストです。

30秒以上立てる人は脳が若く、30秒未満の人は老化が進んでいるとされます。これはバランス感覚が脳の健康状態と密接に関係しているためです。

老人脳にならないためのマインドセット

次に、老人脳を防ぐための3つのマインドセットが紹介されています。

1 自分は若いと本気で思い込む

年齢に関係なく自分を若いと感じることが重要です。

主観年齢を若く保つことで、脳の灰白質の密度が高まり、記憶力も向上することが研究で示されています。

2 欲と生きがいを保つ

欲や生きがいを持つことが脳の健康に重要です。

特にオキシトシンというホルモンが加齢とともに増えることがわかっており、これが幸せやつながりを求める欲につながります。

3 ネガティブな言葉を使わない

言葉が脳に与える影響は大きく、ネガティブな言葉を使うことで脳が老化しやすくなります。

逆にポジティブな言葉を使うことで脳の健康を保つことができます。

80歳でも脳が老化しない人がやっていること

老化を防ぐ具体的な方法として、以下の3つが紹介されています。

1 デジタルツールを活用する

脳の老化を防ぐために、高齢者でもデジタルツールを積極的に活用することが推奨されています。

SNSやビデオ通話を使って家族や友人と連絡を取ることで、認知機能の向上が期待できます。

これにより、社会とのつながりを保ち、孤立を防ぐことができます。

また、デジタルツールを使いこなすことで、新しい技術に対する理解力や適応力も養われ、脳の活性化につながります。

2 自分は重要な人だと実感できる場を作る

自己重要感を高めることは脳の健康にとって非常に重要です。

人に喜んでもらう行動をすることで自己重要感が満たされ、脳の活性化が促進されます。

例えば、ボランティア活動や地域社会での貢献活動を通じて他者に役立つことで、自分の存在意義を感じることができます。これにより、精神的な充実感を得られ、脳の健康が保たれます。

3 いつまでも働き続ける

仕事を続けることが脳の老化防止に効果的です。

特に言語能力を使う仕事や、他人を助ける仕事、社会とつながりを持てる仕事が推奨されます。これにより、脳が常に活性化され、新しい情報や経験に対する適応力が維持されます。

さらに、働くことで得られる達成感や自己実現感も脳の健康を支える重要な要素です。

まとめ

西健之さんの著書「80歳でも脳が老化しない人がやっていること」は、脳の老化を防ぐための具体的な方法とマインドセットを提供しています。

脳の老化度を簡単に診断する方法や、老人脳を防ぐためのマインドセット、さらに脳の健康を保つための具体的な行動が紹介されています。

デジタルツールの活用、自己重要感を高める行動、そして働き続けることが、脳を若々しく保つために重要です。

これらの方法を日常生活に取り入れることで、誰でも「スーパーエイジャー」になり、健康で若々しい脳を維持することができます。

脳の健康を保つためには、積極的にこれらの方法を実践し、日々の生活に取り入れていくことが大切です。

created by Rinker
ノーブランド品
¥3,980 (2024/06/22 03:50:46時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。