免責事項この記事には広告が含まれます

うつ・パニック 自律神経 書籍

メンタルを強くする食習慣:精神科医が教える実践ガイド

現代社会において、メンタルヘルスの重要性はますます高まっています。

ストレスフルな生活環境や不規則な食生活が、心の健康に大きな影響を与えることは広く知られています。

本記事では、飯塚洋先生の『小さな町の精神科の名医が教えるメンタルを強くする食習慣』に基づき、メンタルヘルスを改善するための具体的な食習慣について詳しく解説します。

created by Rinker
アチーブメント出版
¥1,460 (2024/06/21 17:49:23時点 Amazon調べ-詳細)

慢性病を引き起こす最悪な習慣

プチ依存症

多くの人々が、日々のストレスを紛らわすために、お酒やジャンクフード、甘い物に手を伸ばしています。

これらの「プチ依存症」は、一時的には気持ちを落ち着かせるかもしれませんが、長期的には健康を害し、メンタルの不調を引き起こす要因となります。

特に、過度なアルコール摂取や高脂肪・高糖質の食品は、うつ病や不安症状のリスクを高めます。

血糖値スパイク

精製された糖質を含む食品(例えば、白いパンや砂糖入りのお菓子など)は、血糖値を急上昇させ、その後急降下させる「血糖値スパイク」を引き起こします。

これが繰り返されると、身体は慢性的な疲労状態に陥り、メンタルヘルスに悪影響を与えます。

血糖値の安定は、精神的な安定にも直結するため、バランスの取れた食事が重要です。

不要なエネルギーの消耗

ストレスや睡眠不足、栄養不足により、私たちの副腎は疲弊し、エネルギーの消耗が激しくなります。

この状態が続くと、身体だけでなくメンタルにも大きな影響を与え、倦怠感や抑うつ状態を引き起こす可能性があります。

十分な休息と栄養の摂取が、エネルギーバランスの維持に不可欠です。

メンタルを壊す危険な食べ物

興奮毒素の入った食べ物

グルタミン酸やアスパラギン酸などが含まれる加工食品は、神経細胞を過剰に興奮させ、細胞を損傷させる「興奮毒素」として作用します。

これらの食品は、過剰摂取すると神経系に負担をかけ、メンタルヘルスを悪化させる可能性があります。

グルテンやカゼインを含む食べ物

グルテンやカゼインは、小腸のバリア機能を破壊し、リーキーガット症候群を引き起こすことがあります。

さらに、これらの未消化物が脳に到達し、神経系に影響を及ぼすことでメンタルの不調を引き起こします。特に感受性の高い人々は、これらの食品を避けることで症状の改善が期待できます。

農薬、加工食品、添加物

農薬や添加物が含まれる食品は、長期的に摂取すると健康に悪影響を与え、メンタルの不調を引き起こす可能性があります。

無農薬のオーガニック食品や、添加物の少ない自然食品を選ぶことが推奨されます。

メンタルを強くする食べ物

十分量のタンパク質

肉、魚、豆類などのタンパク質は、脳内の神経伝達物質のバランスを保つために必要です。

タンパク質をしっかりと摂取することで、メンタルの安定に寄与します。

腸に良い食べ物

発酵食品や食物繊維は、腸内環境を整えるのに役立ちます。

腸内環境が整うことで、セロトニンの生成が促進され、メンタルヘルスの改善に繋がります。

ホールフードと地産地消

食材を丸ごと食べるホールフードの摂取や、地元の旬の食材を選ぶことは、栄養バランスを保ち、健康的な食生活を維持するために重要です。

これにより、身体と心の両方が健やかになります。

まとめ

現代社会でメンタルヘルスを維持するためには、避けるべき習慣や食べ物を理解し、代わりに健康的な食習慣を実践することが不可欠です。

飯塚洋先生の『小さな町の精神科の名医が教えるメンタルを強くする食習慣』は、そのための具体的なガイドラインを提供しており、これを実践することで、より健やかなメンタルヘルスを維持することができます。

日々の食生活を見直し、心身の健康を取り戻しましょう。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。