免責事項この記事には広告が含まれます

うつ・パニック 書籍

【書籍】「西洋医学の限界 なぜ、あなたの病気は治らないのか」

created by Rinker
¥1,455 (2024/06/21 16:53:02時点 Amazon調べ-詳細)

西洋医学の限界と中医学の利点:病気が治らない理由とは?

現代の医療に対する不満や疑問を抱いたことはありませんか?

特に慢性的な病気や症状に対して、なかなか効果的な治療法が見つからないと感じる方も多いでしょう。

岡部哲郎先生の著書「なぜあなたの病気は治らないのか」では、西洋医学の限界を指摘し、中医学(漢方医学)の利点について詳しく解説しています。この記事では、その内容を要約しつつ、さらに専門的な視点を加えて解説します。

1. 西洋医学の限界

対症療法の限界

西洋医学は症状を和らげる対症療法が中心です。

例えば、風邪を引いた時には解熱剤や鎮痛剤が処方されますが、これらはあくまで症状を一時的に緩和するものです。根本的な原因にアプローチすることなく、症状が再発することが多いのです。

薬の副作用と限界

新薬が次々と開発される背景には、既存の薬の限界が存在します。

さらに、薬には副作用が伴うため、長期的な使用が健康に悪影響を及ぼすことがあります。

例えば、ステロイド剤は炎症を抑える効果がありますが、長期間使用すると免疫力低下や骨粗しょう症などの副作用が生じることがあります。

未病の概念の欠如

西洋医学には「未病」の概念がありません。

未病とは、まだ病気として診断されないが、体に不調を感じる状態を指します。西洋医学では、検査で異常が見られないと病気ではないとされ、早期の予防や治療が難しい場合があります。

2. 中医学の利点

オーダーメイド治療

中医学では、患者の年齢、性別、体質に合わせた個別の治療が可能です。

例えば、同じ風邪でも、寒気を感じる風邪と熱っぽい風邪では処方される漢方薬が異なります。

これにより、より効果的な治療が期待できます。

老化防止とアンチエイジング

漢方薬は老化現象の進行を抑え、健康を維持する効果があります。特に、脳や血管の老化防止に効果的です。

例えば、五味子(ごみし)という漢方薬は、抗酸化作用があり、脳の老化を防ぐ効果が期待されています。

未病の治療

中医学では、病名がつかない症状や未病に対しても効果的に対処できます。

例えば、疲労感や軽い頭痛など、西洋医学では「特に異常なし」とされる症状に対しても、漢方薬で改善が期待できます。

3. 病名探しの無意味さ

症状の改善が重要

重要なのは病名を知ることではなく、症状を改善する方法を見つけることです。病名にこだわらず、症状に対応する治療を行うことが大切です。

例えば、頭痛が続く場合、鎮痛剤を使用するだけでなく、生活習慣やストレス管理など根本原因にアプローチすることが必要です。

問診の重要性

しっかりと時間をかけて問診を行う医者を選ぶことが重要です。病名がわからなくても、症状に対して効果的な治療を提案してくれる医者を探すべきです。

問診により、患者の生活習慣や精神状態を理解し、より適切な治療法を提案できるからです。

4. 漢方薬の効果と信頼性

オーダーメイド漢方薬

個々の体調や症状に合わせて調合される漢方薬は、信頼できるうえに効果があります。

例えば、冷え性には温める作用のある生姜や桂皮(けいひ)が配合された漢方薬が処方されます。

中医学と西洋医学のハイブリッド

今後は中医学と西洋医学の良い部分を取り入れたハイブリッド医療が求められます。

例えば、手術が必要な場合は西洋医学の技術を用い、術後の回復には中医学の漢方薬を用いるなど、両者の利点を活かした治療法が理想です。

まとめ

西洋医学と中医学の違いを理解し、どちらの医療も取り入れた最適な治療法を見つけることが重要です。西洋医学の限界を知りつつ、中医学の利点を活用することで、より効果的な治療が期待できます。

病名にとらわれず、症状に対する適切なアプローチを行うことが、健康を維持する鍵となるでしょう。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。