免責事項この記事には広告が含まれます

ダイエット

100%太る!最悪すぎる生活習慣でデ○確定

今回は「100%太る最悪すぎる習慣」と題し、科学的根拠に基づいて、ある習慣を持っている人が確実に太りやすくなることをわかりやすくお伝えします。

この記事では、その習慣がどのように体重増加に繋がるのか、そしてその解決法について詳しく解説します。

睡眠不足がもたらす肥満リスク

まず結論を言います。

今すぐやめるべき確実に太る最悪の習慣は、睡眠不足で過ごすことです。

これを聞いて驚かれた方もいるかもしれません。多くの人は、甘いものや砂糖、脂肪分の多いジャンクフードやファストフード、運動不足が太る原因だと認識しています。

しかし、意外と見落とされているのが、睡眠不足が体重に与える影響です。

睡眠と体重の関係

かつては、体重は食事と運動で決まると考えられていましたが、現在では多くの要因が体重に影響を与えることがわかっています。

遺伝、社会的環境、ストレス、そして今回のテーマである睡眠も重要な要因です。

現代では、睡眠不足は肥満の危険因子の一つとされ、痩せたいならば睡眠時間を確保することが常識となっています。

例えば、30万人のデータを含む20個の研究のメタアナリシスでは、一晩に7時間未満の睡眠しかとっていない成人は肥満リスクが41%も増加したという結果が出ています。

一方で、7時間から9時間の睡眠をとった成人は肥満リスクが増加しませんでした。

睡眠不足が肥満を引き起こす理由

睡眠不足が肥満を引き起こす理由は以下の通りです:

  1. 食欲をコントロールするホルモンが乱れる
  2. 高カロリーなものやジャンクフードが食べたくなる
  3. 意志力が崩壊し、何に対しても努力できなくなる

ホルモンバランスの乱れと食欲増加

まず、食欲をコントロールするホルモンが乱れることについて。

食欲はレプチンとグレリンというホルモンによってコントロールされています。レプチンは満腹を感じさせ、グレリンは空腹を感じさせます。

睡眠不足になると、レプチンが減少し、グレリンが増加するため、満腹感が得られず、食欲が増加します。

これにより、意志力では食欲を抑えられなくなり、過食してしまいます。

高カロリー食品への欲求増加

次に、睡眠不足になると、高カロリーなものやジャンクフードが食べたくなる理由について説明します。

睡眠不足は脳の前頭前皮質の働きを鈍らせ、衝動的な選択をしやすくします。その結果、健康的な食べ物よりも、高カロリーや糖分、脂肪分が多い食べ物を選びやすくなります。

また、睡眠不足は快感をもたらす脳の報酬系を刺激し、食欲を増加させます。

意志力の低下とその影響

最後に、睡眠不足が意志力を低下させ、何に対しても努力できなくなる理由について。

睡眠不足は意志力や意思決定能力を低下させ、ダイエットのための食事や運動を続けることが難しくなります。

その結果、太りやすくなります。

まとめ

これらの理由から、睡眠不足は確実に太る原因となります。

健康的な体重を維持するためには、食事や運動だけでなく、十分な睡眠をとることが重要です。睡眠時間を確保し、睡眠の質を高めることで、肥満を予防し、健康的な生活を送ることができます。

この情報が皆さんの健康維持に役立つことを願っています

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。