免責事項この記事には広告が含まれます

ダイエット 書籍

やせたければ脂肪をたくさんとりなさい:ダイエットにまつわる20の落とし穴を徹底解説

created by Rinker
朝日新聞出版
¥1,267 (2024/07/12 21:52:28時点 Amazon調べ-詳細)

ダイエットや健康管理に関する誤解は数多くあります。

その中でも特に「カロリー制限」や「低脂肪食」の効果については、多くの人々が間違った情報を信じています。

本記事では、ベストセラー「やせたければ脂肪をたくさんとりなさい」を基に、これらの誤解を解き明かし、効果的なダイエット方法を提案します。

健康的に、無理なく理想の体重を手に入れるための秘訣をご紹介します。

1. カロリー制限の無意味さ

多くのダイエット方法では、カロリー制限が重要とされています。しかし、カロリー計算や厳しい食事制限は長続きせず、リバウンドの原因になります。

研究によれば、カロリー制限を続けても減量効果はわずかであり、長期的には代謝が低下し、省エネモードに入った体は体重減少を妨げます。

健康的な体重管理には、カロリー制限ではなく、栄養バランスの取れた食事が重要です。

2. 低脂肪食の効果のなさ

脂肪を摂ることが肥満の原因になると考えられがちですが、実際には低脂肪食よりも高脂肪食の方が体重管理に効果的です。

低脂肪食は短期的には体重を減らせるかもしれませんが、長期的にはリバウンドしやすくなります。

高脂肪・高タンパク質・低炭水化物の食事が最も効果的であり、体重管理にも健康維持にも優れた結果をもたらします。

3. 効果的な食事の提案

健康的な体重管理には、どのような食品を摂るかが重要です。

本書では、自由に食べて良いもの、ほどほどに食べるもの、避けるべきもののリストを提供しています。例えば、オーガニックな肉や新鮮な魚介類、卵、緑の葉野菜やベリー類、アボカドなどが推奨されます。

逆に、加工食品や高糖質な穀類は避けるべきです。

4. 人類が長く食べてきた自然な食品の重要性

長期間にわたり人類が食べてきた自然な食品を基にした食事が、最も健康的で効果的です。

炭水化物の不足を心配する必要はなく、必須脂肪酸や必須アミノ酸を摂取することが重要です。

自然な食品を取り入れることで、健康的な体重管理が可能となります。

まとめ

カロリー制限や低脂肪食は長期的な体重管理には効果がありません。人類が長く食べてきた自然な食品を基にした食事を取り入れることで、無理なく健康的に体重を管理することができます。

タンパク質や脂肪を適切に摂取し、炭水化物の摂取を控えることで、健康を維持しながら理想の体重を手に入れましょう。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。