免責事項この記事には広告が含まれます

鍼灸治療

気管支炎の詳細解説:症状、診断、治療法

気管支炎は、気道にウイルスや細菌が感染して炎症を引き起こす疾患です。

主な症状には発熱、咳、痰などが含まれ、風邪に似た症状を呈します。

本記事では、急性気管支炎と慢性気管支炎の詳細な違いや、それぞれの診断方法、治療法について専門的に解説します。

東洋医学と鍼灸による気管支炎治療

東洋医学の視点

東洋医学では、気管支炎は外部からの「風邪」や「湿邪」、「寒邪」によるものと考えられています。

また、体内の肺や脾の機能が弱まることが原因とされ、治療はこれらの臓器のバランスを整えることに重点が置かれます。

鍼灸治療の効果と方法

気管支炎 鍼灸治療①
気管支炎 鍼灸治療②

鍼灸治療は、免疫力を高め、白血球の増加や血流の改善を促進することで気管支炎の回復を早めます。

具体的には、背部や頚部前面の経穴(ツボ)を刺激し、免疫機能を向上させることが目的です。

使用されるツボには、

○気管支炎(咳を含む)

風門、身柱、肺兪、厥陰兪、膈兪、定喘(治喘)

人迎、気舎、兪府、膻中、中府、不容

尺沢、列欠、太淵

天突

○鼻閉、鼻汁

天柱、風池、風門、百会、上星、印堂、迎香、鼻通

などがあります。

筋肉と姿勢の改善

鍼灸治療では、胸鎖乳突筋の緊張を緩和し、リンパの流れを改善することも重要です。

また、呼吸筋の疲労を軽減し、胸郭を広げることで症状の改善を図ります。関節の硬直を解消し、正しい姿勢を保つための治療も行います。

自律神経療法による免疫力の向上

自律神経の役割と治療方法

免疫力を高めるためには、自律神経のバランスを整えることが重要です。自律神経は、臓器や血管の働きを調整するため、体全体の健康に深く関与しています。

当院では、自律神経のバランスを測定し、個々の状態に合わせたオーダーメイドの治療を提供しています。

継続的な治療と効果

自律神経のバランスを定期的に測定し、治療を継続することで、体質の改善を図ります。

特に初期段階では週に一度の治療が推奨されます。

結論

気管支炎は辛い症状を伴う病気ですが、鍼灸治療や自律神経療法を取り入れることで、自然な治癒力を高め、回復を早めることができます。これらの治療法は、薬物療法と併用することでより効果的に作用し、免疫力を向上させます。

ぜひ専門の治療院で相談してみてください。自然な方法で健康を取り戻し、快適な生活を送りましょう。

急性気管支炎の概要

急性気管支炎は主にウイルス感染が原因で発症し、風邪症状が現れた後に発症します。初期症状には乾性咳嗽が見られ、後に湿性咳嗽に移行します。

小児においては、気道が狭いために喘鳴を伴うことが多いです。

診断方法

急性気管支炎の診断は、臨床症状(咳嗽、痰)の評価と聴診所見によって行います。異常が認められる場合は、肺炎との鑑別のために胸部X線撮影やCT検査が推奨されます。

また、長期間(2~3週間以上)咳が持続する場合は、結核の可能性を除外するための胸部X線撮影が必要です。

治療法

治療には、痰の排出を促進する去痰薬や、乾性咳嗽に対する鎮咳薬が用いられます。細菌感染が疑われる場合には抗菌薬を使用しますが、通常は対症療法として安静と十分な水分補給が基本です。

急性気管支炎の症状は数日から数週間持続し、場合によっては90日間続くこともあります。

慢性気管支炎の概要

慢性気管支炎は、年に3か月以上、2年以上持続する原因不明の咳嗽や痰が特徴です。主な原因には、アレルギー、空気中の有害物質、受動喫煙などが含まれます。

診断方法

慢性気管支炎の診断は、生活背景(特に喫煙歴)や身体所見から疑われ、画像検査や呼吸機能検査によって確定されます。

慢性気管支炎は高齢の男性に多く見られ、典型的な症状は長期間にわたる粘性の痰を伴う咳嗽です。特に冬季に症状が悪化しやすい点に注意が必要です。

治療法

治療の基本は禁煙と薬物療法です。去痰薬や気管支拡張薬が使用されるほか、必要に応じてネブライザー療法や在宅酸素療法が行われます。

さらに、呼吸リハビリテーション、栄養管理、適度な運動、感染予防が推奨されます。

結論

気管支炎は、急性・慢性を問わず、適切な診断と治療が重要です。

早期の対応と生活習慣の見直しにより、症状の進行を防ぎ、生活の質を向上させることができます。医療専門家と連携しながら、適切な管理とケアを行いましょう。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。