女性 美容 40代・ダイエット

腸活が肌に効果的なんて…と、バカにしてた私がバカだった話「産後の腸活」

私は若いころ「どうやったらそんなお肌や体型を維持できるの?」と、みんなに羨まれる肌と体型の持ち主でした。

「美容液?腸活?ダイエット?何それ、美味しいの?」なんて心の中でバカにしながら、子どもを一人産み二人産んでも変わらなかった身体に、大きな変化が訪れたのは30歳を越えた三人目の産後。

ぽっこりお腹がいつまでも戻らず、肌はガサガサのボロボロ・人生初の酷い便秘を経験し、トイレに行くことさえ怖くなるほどでした。
そんな私を救ってくれたのが、産後の助産師外来で聞いた「腸活」のお話だったのです。

腸の乱れは全身の乱れ、美肌に美腸は欠かせない

生理痛に肌荒れ、むくみや下痢・便秘など女性が感じるプチ不調は、別名「第二の脳」とも言われる腸の不調が引き起こすことが多いのだそう。

腸には「消化・吸収・排泄」という機能に加え「免疫作用」や「解毒作用」もあり、栄養を吸収する土台である"腸"が乱れ便秘が続くと、腐敗物質が多く産生されて腸管内で腐敗物質を吸収、血管を通して腸の汚れが身体全身を巡るらしいのです。

また、腸が汚れていると肌を作り出す栄養素の吸収も悪くなり、新陳代謝の低下を招いてしまうことも教われました。

私が悩まされた産後の肌荒れや便秘は、出産によるホルモンバランスの影響だけでなく、睡眠不足や栄養の偏りなどが原因で腸が不調を起こす「腸内環境の乱れ」が引き起こしているのかも?とのこと。

ポイント

腸内環境の乱れが便秘を招く

便秘が続くと身体中に血管を通して腐敗物質が巡る

腸の汚れは肌荒れを起こす引き金に

腸が栄養素を吸収できなくなり、新陳代謝が低下

新陳代謝の低下は肌不調のループに陥る

助産師さんからは「便秘や肌荒れが気になるなら、まずは善玉菌である"乳酸菌"を多く含む食事を積極的に摂取することから、腸活を始めてみるといいんじゃないでしょうか。」とアドバイスされました。

肌荒れや便秘は腸内環境が改善しない限り、30代40代…とずっと抱えてしまうこともあると聞いて「腸活とかいう崇高な目標、関係ないねぇ〜」なんて考えていた私は「やべっ!!このままじゃ私、肌がくすんだどんよりおばさんまっしぐら!!」と、心がゾワゾワしたことを今でも鮮明に覚えています。

それでも腸活しない私、偶然口にした飲むヨーグルトで身体の変化を実感

しかし三人目の産後はクソ忙しい…。

辛い便秘と肌荒れを抱えつつ、処方された酸化マグネシウムを飲み助産師さんの話なんてそっちのけでやり過ごしていたある日。
遊びに来た母が子供たちに買ってきた飲むヨーグルトを、たまたま一緒に飲んだことがありました。

ヨーグルトは酸味が嫌いで避けていましたが、子供の手前、好き嫌いもできずグビっとコップ一杯。

すると翌朝、驚くほどすんなり排便することができたんです!
酸化マグネシウムを頼りに、あれだけ痛みに耐えながらトイレで戦っていたことがアホらしくなるくらいすんなりと…。

飲むヨーグルトたった一杯で、辛く痛い戦いがあっけなく終幕を迎えたことに、私は驚きを隠すことができませんでした。
「腸活をバカにしてた私がバカだったのね」と思い知った私は、この日を境に腸活を意識する生活を送ることとなったのです。

腸活を通して美肌を手に入れたい!まずは食生活を意識するように

 

「便秘が解消されれば、肌荒れも良くなるかも!」

そう思い立った私は「ヨーグルトで便秘終幕事件」以来、毎日のように飲むヨーグルトを口にするようになりました。

さらに乳酸菌が豊富と言われている「納豆やお味噌汁、キムチやチーズ」なども積極的に食べるように。

するとどうでしょう、便秘はもちろん、もう諦めかけていた肌のごわつきや吹き出物が、面白いほどに軽減していったんです。
メイクしても隠しきれなかった疲れ顔も、くすみが徐々に目立たなくなりすっきりとした顔色へ。

肌のハリやツヤが戻ってくすみが軽減すると、肌全体に若々しさが戻ってくるんですね。
恥ずかしくて一生懸命コンシーラーでごまかしていたシミも、肌全体が若々しいと「これはこれでいっか」と思えるほどになったんです。

腸内環境が整うことで体を巡る腐敗物質が軽減=吹き出物やごわつきなど肌荒れが改善。
普段の生活に腸活を意識することで、私は元の肌を取り戻し始めることができました。

◆まとめ

前までは「美意識高いなぁ〜」なんて腸活をバカにしていましたが、ここまで肌へ影響するとは思ってもみませんでした(笑)
美腸を手に入れる腸活は肌への効果も絶大、美肌を叶えるには「腸活」は欠かせないものだったんですね。

・腸内環境の乱れが便秘を招く
・便秘が続くと身体中に血管を通して腐敗物質が巡る
・腸の汚れは肌荒れを起こす引き金に
・腸の栄養素を吸収できなくなり、新陳代謝が低下
・新陳代謝の低下=肌不調のループに

腸は美肌のカギ、助産師さんから教えていただいた腸活は、簡単に取り組めるのに私の肌へ大きな効果をもたらしてくれました。

洗顔料や化粧品を良いものに変えても肌の調子がしっくりこない方は、もしかしたら「腸の乱れ」が肌に表れているのかも?
ヨーグルトや発酵食品など乳酸菌を豊富に含んだ食品を食事に取り入れ、腸活の一歩を踏み出してみると良いかもしれませんね♪

広告

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

© 2020 腰痛をついでに治すダイエット|杉本接骨鍼はりきゅう院|八尾・東大阪