女性の健康 栄養

瞬発系の運動やトレーニング時にクレアチン摂取するべき5つの理由

スポーツの効果を高めるために、サプリメントを活用することは今や常識です。

重量挙げや、高跳び、短距離走といった、瞬発的なパワーが必要になる、無酸素運動の場合には「クレアチン」という成分がおすすめです。

クレアチンの働き

クレアチン の働き

  • トレーニングの向上:エネルギーをたくさん作る
  • 筋肉繊維の増量:衛星細胞シグナル伝達を増加させることができ、筋肉の修復と新しい筋肉の成長を助けます。
  • 筋肉の修復を助ける:クレアチン摂取後のIGF-1などの同化ホルモンの増加があるという研究もあります。
  • 細胞の水分補給の増加:筋肉細胞内の水分量を向上させ、筋肉の同化を増進させる可能性があります。
  • タンパク質分解の減少:筋肉の分解を減らすことにより、筋肉を増やすことができます。
  • ミオスタチンレベルの低下:ミオスタチンのレベルが上昇すると、新しい筋肉の成長が遅くなったり完全に阻害されたりする可能性があります。

✳︎ミオスタチンは生命活動において、筋肉よりも必要な部位にタンパク質が使われるように働くための遺伝子です。つまりミオスタチンが抑制されると筋肉が造られやすくなるということです。

筋肉増殖を負に制御する因子

ランニングなどの長時間にわたって体を動かす有酸素運動時にはあまり効果を発揮しません。
力を瞬間的に使うような場合に、体内のクレアチンリン酸というエネルギー源が消費されます。

短い時間に大きな力を要するようなスポーツをする場合において、練習前や、競技前にクレアチンのサプリメントを飲んでおくことで、体内でのクレアチンリン酸の量を多くしておくことができます。

結果として、体内のADPがATPに戻されて、エネルギーが多く造られることになります。

サプリメントであれば、携帯するのに困らないので、いつでもどこでも必要な時に摂取できるので、大変便利です。

体内のクレアチンリン酸の濃度が高まると、スポーツでの一瞬の爆発力による運動、例えばバスケットボールやサッカーでのダッシュ力、野球でのバットのスイング、重量挙げの時に大きな効果を発揮します。

練習や、身体を鍛える時でも、クレアチンのサプリメントを活用することで、よりハードな練習メニューも消化できます。

スポーツをする時に役立つサプリメントの1つとして、クレアチンは大変おすすめです。

脳の機能も向上させる

脳を最適に機能させるにはATPがたくさん必要です。
脳内にもホスホクレアチンが存在し、補充すると以下の症状が改善される可能性があると報告されています。

アルツハイマー病
パーキンソン病
ハンチントン病
虚血性脳卒中
てんかん
脳または脊髄損傷
運動神経の病気
高齢者の記憶と脳機能

外傷性脳損傷のある子供を対象とした1つの6か月間の研究では、疲労が70%減少し、めまいが50%減少したという結果も報告されています。

さらに、別の研究によると、高齢者、菜食主義者、神経疾患のリスクがある人にクレアチン不足のリスクが高いとされています。

クレアチンの摂取方法

一気に大量に摂取しても吸収されにくく、インスリンの作用で吸収されるという性質があります。なので、朝昼晩の食事の後に摂取すると効率がよさそうです。

1日の推奨服用量は3〜5グラムです。

ハードなトレーニングをする人は5gを、普通に生活する人なら3gを目安に摂取、ということになります。

広告

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

© 2020 腰痛をついでに治すダイエット|杉本接骨鍼はりきゅう院|八尾・東大阪