腸活

その習慣、腸内環境を悪くしているかも。改善する4つの習慣

腸の健康が大事な理由

肥満だけでなく、ガン、糖尿病、認知症、うつ病、パーキンソン病、アレルギー、喘息、ほか、神経系の障害を伴う病気の原因と腸内環境の状態にはとても深い関係があることがわかってきています。

腸内環境を健康に保っておくために、大事なのが「食事」です。

長寿国日本と発酵食品

長生きに関して、遺伝による影響は25%、残りの75%は環境による栄養であることがわかっています。

「ガン」や「認知症」「糖尿病」などは
「うちの父親がそうだったから、私も、、、」

などと言いがちですが、環境を改善することで予防できる可能性は高くなります。

健康で病気にならないためには
「食事」「運動」「睡眠」「生きがい」の4つが重要。

中でも食事はとても重要な要素。

日本において特に注目されているのが『発酵食品』

善玉菌を増やして、悪玉菌を減らす発酵食品は健康で病気にならないためのパワーが秘められています。

腸内環境と免疫力と発酵食品の関係

免疫を高めるためには、リンパ球の働きが重要です。このリンパ球の70%ほどが腸内に存在します。

そのため、腸内環境がよくなれば全身の免疫力も上がるということになります。

発酵食品は善玉菌を増やすので、免疫力を上げるためには欠かせない食材といえます。

発酵食品の効果とは?

  • 栄養の吸収をスムーズにさせる
  • 免疫を活性化させガン、アレルギーなどの予防
  • 細胞の代謝をアップさせて美肌・美髪効果をあげる
  • 食材の旨味成分、栄養価をアップ
  • 保存性を高める

日本には納豆、味噌、しょうゆなど文化として根付いていますし、ヨーグルトやチーズなど非常に多くの種類の発酵食品が食卓に登ることが多いです。

健康に一生を過ごすための食べ物、方法を紹介

納豆の効果 生活習慣病、アルツハイマー病の予防に
味噌の効果
しょうゆの効果
みりんの効果
漬物の効果
鰹節の効果
日本酒の効果
赤ワインの効果
マッコリの効果
甘酒の効果
ヨーグルトの効果
チーズの効果
キムチの効果
塩麹の効果
酒粕の効果
塩辛の効果
黒酢の効果

広告

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

XXX-XXX-XXXに電話する

© 2021 47歳の女性がなぜたった2週間で微動だにしなかった体重が減り始めるだけでなく体調までよくなったのか?