女性の健康 更年期

【40代女性を悩ます更年期症状】20代からでも起こる更年期の原因とは?

更年期と一口でいうけど

更年期といっても、その症状には個人差がとても大きいことが多い。

更年期の症状は、卵巣の機能が徐々に低下することで起ってしまいます。

医学的には、閉経の前後5年〜10年間の期間のことを指します。

日本人女性の閉経の平均的な年齢は50歳くらいなので、40歳代後半から50歳代前半の時期が更年期ということになります。

20代、30代でも起こる症状

ただ、20代、30代でも卵巣の機能が低下することがあって、月経が長期間止まった場合にも、更年期障害と同じような症状が現れることがあります。

これを「若年性更年期障害」といいます。

若年性更年期障害の原因は、過激なダイエットや強いストレスなどがあります。

この場合も、一時的に卵巣機能が低下してしまうので、更年期と同じようなが症状が現われてしまいます。

更年期症状は個人差が大きい

40代後半になったからといって、すべての人が更年期の不快な症状に悩まされるわけではりません。

感じる症状は、肩こり、腰痛、ほてり、だるさ、疲労感、うつ、不安、不眠、動悸、多汗、冷や汗、性交時の痛み、性欲減退など、個人によって訴える内容が異なります。

更年期の症状を全く感じないまま閉経を迎える人もいれば、全ての不快な症状を訴えて病院に通い詰める人もいたり。

症状も1日中感じることもあれば、突然おそわれたり、朝は大丈夫だけど、夕方は辛いなど、雨の日や冬場にひどくなったり、転向の影響を受けることもあります。

向き合うことで軽減の可能性もある

個人差があったり、見た目には理解されないこともあるので、辛さが他の人に伝わりにくく、ストレスに感じてしまうこともあるかもしれません。

更年期の症状の原因は、女性ホルモンのバランスが乱れることで生じるものですので、とても個人差があります。

他人と比べて無理をしたり、楽観的に考えたり、自分を責めたりしてもあまり意味がありません。

更年期症状は軽減できる可能性があります。

まずは体調を整えるために、食事や運動、睡眠、ストレスを軸に生活を整えていきましょう。

広告

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

XXX-XXX-XXXに電話する

© 2021 47歳の女性がなぜたった2週間で微動だにしなかった体重が減り始めるだけでなく体調までよくなったのか?