不登校 こどもケア

起立性調節障害(OD)の女子中学生「朝が起きれなくなった」【症例】

来院時

中学に入学し、テニス部にも入って元気に通っていた。

中1の夏頃から朝起きが苦手になった。

小学校の間は遅刻などの経験はなかった。

中学校1年の夏頃に起立性調節障害(OD)と診断された。

血圧を上昇させる薬を処方されている。

1年の夏頃から

部活の朝練に参加できなくなった。

体育の授業中、めまいがしてフラフラする感じがして座り込む。

朝礼で腹痛が強くなり、立っていられなくなった。

学校にいる間に頭痛が多く起こる。

などがあり、一限目に間に合わなくなることも増えた。

カウンセリング

朝起きられない、午前中ダラダラ過ごすということが続いて、お昼をすぎると元気に過ごせるので、親も一瞬「怠けている」と感じることもあったとのこと。

しかし、小児科で起立性調節障害と診断され、ご自身でもいろいろ情報を探して勉強したところ、気の持ちようや気合いでなくなるものではないことを知った。

処方されている血圧の薬だけでは、改善しないのではないかと疑問に思い、相談にこられたとのこと。

本人(15歳 女性)も、基本的には元気で、朝起きれないことを不安がっている。

生活習慣(本人)

食事

朝:トースト、甘いカフェオレ

昼:お弁当(ご飯、おかず)

夜:白米、おかず

間食:夕飯後にたまにスイーツ

就寝:2時

ダイエットを気にしていて、野菜を多く摂取していた。

小学校時代に1、2度、朝礼中に貧血で倒れたことがある。

母親も貧血の既往歴あり。

アドバイス内容

かかりつけの医師に相談しつつ。

食事に肉、魚、大豆などのタンパク質も多く取り入れる。

できれば、炭水化物は食事の最後の方でたべるようにする。間食もスイーツを控える。

どうしても、肉魚が食べられないならプロテインも飲んでみる。

血液検査で鉄(フェリチン値)を調べておく。

週1程度、整体・鍼灸治療を受けながら、状況を聞かせてもらう。

結果

通院して1ヶ月

お母さんの協力があって、かなりタンパク質、プロテインの摂取量が増えた。

炭水化物や甘いものを食べることが減った。

病院で検査することに抵抗があり、まだ診察を受けていない。(引き続き推奨)

最近は、起きられるようになってきた。

一限目に間に合うことも増えてきた。

腹痛、頭痛もずいぶん減った。

今後は、部活の朝練があるので、毎朝参加できるよう生活習慣を改善していきたいとのこと。

昇圧剤を飲むことを忘れていることもあるが、あまり問題にならないとのこと。(医師への報告、相談はかかさないように推奨)

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。