ミネラル

熱中症におすすめのミネラル豊富な「お塩」

熱中症は真夏のすごく暑い時期だけでなく、徐々に暑くなっていく5月、6月にも起こっています。

気候が良いということで、つい動くことが多くなります。

そうすると、汗ばんでいつのまにか脱水状態になってしまいます。


水分補給も大事なのですが、何より大事なのはミネラルの排出に気をつけること。


暑くなると水分を摂取して汗をかいておしっこも多くなります。

 

その際にミネラルも排出されています。


だからこそ熱中症対策に塩飴などが売られています。

 

ミネラルが不足すると

足がつったり
めまいがしたり
関節が痛くなったり

体に不調が起きてしまいます。

 

まずは手軽な熱中症対策として、塩を取り入れましょう。

その際に食卓塩や岩塩ではなく海水から作られたお塩を摂るようにしてくださいね。

 

【おすすめのお塩】

  • 沖縄の方言で、命のことを「ぬち」塩のことを「まーす」と言います。ぬちまーすは、一般の食塩よりも塩分が25%も低く、ミネラルが21種類含まれています。宮城島の太平洋側の海水のみを原料としており、輸入塩、固結防止剤などの添加物は一切使用しておりません。

    Amazonで購入

 

  • おいしい元素バランス!
    溶かして飲む。これだけで、体が求める水分と塩類を補給!体が喜ぶ、このおいしさに熱中! 毎朝 超元気です!!

    80種以上の元素を含む海水を原料に、独自に開発した製法で、塩化ナトリウム以外の少量微量の元素をたくさん残しました。

    Amazonで購入

 

 

  • 【特徴】
    □にがりをほどよく残した食用塩。
    □しっとりとしている。
    □塩粒が粗く、ゆっくりと溶ける。
    □食材に付着しやすい。
    □湿気を吸いやすく、その後乾燥すると固結しやすい。

    Amazonで購入

 

 

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。