栄養

【インフルエンザとの付き合い方】インフルエンザは自然に治癒します

インフルエンザは自然に治癒します

冬の訪れと共に、インフルエンザが流行することがよくあります。

多くの方がインフルエンザウイルスに罹患すると、ひどい高熱や倦怠感に襲われ、まるで大病のように錯覚してしまう傾向がありますが、この病気は基本的に自身の免疫力で「自然に治癒する」感染症なのです。

通常の風邪とそれほど違いはありません。

自己の免疫機能が適切に作動することで、恐れる必要はありません。

インフルエンザワクチンに関して言えば、毎年流行の原因をご存知でしょうか。それはウイルスの株が変異するためです。

人から人への感染で変異することが指摘されていますが、変異のパターンが予測不能なため、人々は免疫を獲得できずに流行を招いてしまいます。

予測不可能な変異に対し、どのようにしてワクチンを開発するのでしょうか?

例えば、どのような鍵穴が出現するかわからない状況で、鍵を製造できるでしょうか?と同じ問題です。

そのため、インフルエンザワクチンが効果的だとする理論は正しくありません。

ワクチンを打てば症状が軽減されるという考えも同様です。

私は、ワクチン接種は無駄であるばかりか、副作用のリスクも伴うと考えています。

感染症の予防にあたっては、過去の宮崎県での鳥インフルエンザの広がりを思い出してください。

全身を防護服で覆い、消石灰を散布し、すべての車両を消毒し、感染の疑いがある鳥を殺処分しても防ぎきれなかったほどです。

それを考えれば、うがいや手洗いが予防に有効だとは思えないのではないでしょうか。

恐れることなく、感染症に打ち勝つ身体を維持することが何より重要です。もし感染し発症しても、治癒力を信じるべきです。

粘膜を守るための努力をしましょう

それでも、予防の最前線は感染源から距離を置くことです。人込みに出ると、多くのウイルスに晒されることになり、それが免疫システムを圧倒することもあり得ます。

ウイルスは主に鼻や喉の粘膜を通じて体内に侵入します。粘膜が潤っている状態がウイルスの排除にとって重要な第一歩です。

唾液が不足していると感染しやすいため、口での呼吸をする人は粘膜の乾燥を避けるためにも、保湿機能を持つマスクの使用が効果的です。脱水状態も避けたいため、水分の補給は非常に大切です。

ただし、水分を過剰に摂取すると血液が希釈され、体はこれを避けようとして腎臓を通じて尿として排出します。

熱中症においては水分と塩分の補給が必須ですが、実は冬場も水分を取る際には塩分の摂取も考慮するべきです(ただし、夏に比べれば少量で足ります)。

メタボリズムを向上させるビタミンとミネラル

各種ミネラルの補充は、美味しさを追求する範囲で十分です。

免疫細胞を構成する白血球は骨髄で生成されるため、その新陳代謝を活発に保つことが不可欠です。

「代謝」と聞くと、多くの方が基礎代謝や新陳代謝を思い浮かべるかもしれません。私たちの生命活動は摂取した栄養素を代謝することで成り立っています。

この代謝とは、体に取り入れた栄養素を分解し、吸収した後、必要な物質へと再合成するプロセスを指します。このプロセスに必須なのが酵素であり、その酵素活性を助けるのがビタミンとミネラル、つまり補酵素です。

これらは体外からの摂取が唯一の供給源です。高まる代謝力に応じて、これらの必要量も増えるため、適切な補給が求められます。

「ミネラル」という言葉はよく耳にするかもしれません。

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、マンガン、鉄、銅、セレンなどの微量元素を指す名称です。

これらは金属名で表されていますが、直接金属を摂取してもほとんど吸収されないため、植物がイオン化した状態で初めて私たちの体に吸収されるのです。

特に、天然塩(非精製塩)に含まれるミネラルは塩化物や硫酸塩の形を取り、水に溶けやすいため、体内への吸収が容易です。

ミネラル補給の基本は天然塩です。

玄米や野菜中心の食事で健康を

ミネラルを補給する最も基本的な方法は、天然塩を使うことです。

味付けの基礎でもあり、ミネラル不足は代謝不良に直結するため、適量の塩分摂取は代謝を促進する方向にあります。

腎不全や心不全がなければ、必ずしも塩分を減らす必要はありません。適切な塩味で食事を美味しく召し上がりましょう。

その日の体調によって必要な塩分量は異なります。味覚を頼りに、体が要求する分量を摂取することが適切です。塩分を厳格に制限する必要はないと考えます。

ビタミンやミネラルが豊富な食材には、野菜、果物、種子、海藻があります。したがって、玄米や野菜中心の食事は、補酵素の摂取に最適であり、健康的な選択と言えるでしょう。

免疫力の鍵は腸内細菌にあり

腸内細菌を健康に保つ

免疫力を高めるには、腸内の善玉菌を維持することが第二の重要なポイントです。

発酵食品が体に良いとされる理由は、まさにこのためです。善玉菌として知られる乳酸菌や酵母を基本に、様々な菌を摂取することが推奨されます。自律神経を安定させるための第三の要素も、実はミネラルの補給に関連しています。

ミネラルは本当に重要ですね。

おすすめサプリ

Amazonで見る
楽天市場で見る

関連記事

大丈夫、すべてうまくいく

画像をクリックすると患者さんの本音が見ることができます。
限定1名
糖質制限ダイエットでぶよぶよにサヨナラした人多数!

続きを見る

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。