免責事項この記事には広告が含まれます

スポーツ 栄養

【熱中症対策】おすすめドリンク3選

スポーツドリンクの利点とリスクについての解説

スポーツドリンクは、特に運動中の水分補給に役立つ飲料ですが、その成分と利用タイミングには注意が必要です。

この記事では、スポーツドリンクの主要成分としての塩分と糖分、それらのメリットとデメリット、適切な飲用タイミング、そして飲み過ぎのリスクについて詳しく説明します。

スポーツドリンクの基本成分

塩分(ナトリウム)は、汗と共に失われる電解質を補給するために不可欠です。運動中に適量を摂取することで、水分の保持と筋肉の正常な機能を助けることができます。

しかし、塩分の過剰摂取は高血圧のリスクを高め、胃がんの一因ともされるため、摂取量には注意が必要です。

一方、糖分(炭水化物)は、エネルギー源として速やかに利用されるだけでなく、塩分と一緒に摂ることで水分の吸収を助けます。ただし、糖分の摂りすぎは血糖値の急上昇や肥満につながる可能性があり、健康に悪影響を及ぼすこともあります。

飲むべきタイミング

スポーツドリンクを飲む最適なタイミングは、以下のような状況で特に重要です:

  • 運動中:特に発汗が多い時、例えば高温下での運動や長時間のスポーツ活動中に定期的に水分を取ることが推奨されます。
  • 高温高湿の環境での作業:体温調節を助け、熱中症を防ぐためにも重要です。
  • 長時間の在宅作業や学習時:集中力を保つためにも適宜の水分補給が必要です。
  • 入浴前後:特に入浴による体内の水分消失を補うために有効です。
  • 起床時:睡眠中の無意識のうちの発汗で水分が失われているため、補給が推奨されます。

飲み過ぎのリスク

スポーツドリンクに含まれる糖質は、通常4〜8%程度ですが、これが虫歯の原因になることもあります。

また、糖分の過剰摂取は「ペットボトル症候群」と呼ばれる、吐き気や腹痛、さらには意識障害や昏睡といった重篤な症状を引き起こす可能性があります。

さらに、塩分が高血圧や心臓・腎臓疾患の患者には不向きなこともありますので、その場合は医師の指示に従うことが重要です。

スポーツドリンクは、適切に使用すれば運動能力のサポートや健康維持に役

立つ一方で、成分の特性を理解し、過剰摂取を避けることが非常に重要です。特に糖分や塩分の摂取には注意を払い、自分の健康状態や活動レベルに合わせた適切な飲用量を心がけましょう。

おすすめドリンク① オーエスワン ペットボトル 500ml

こんな方に!

熱中症で脱水症状を起こしている

発熱や下痢などで水分が不足している

熱中症のときだけでなく、下痢や嘔吐、発熱などで、水分が大量に出ていってしまい、水分補給が必要な方にもおすすめします。

補給する際に、塩味がしっかりと感じられると、水分や塩分が体内に足りてきているサインとしてわかりやすいこともおすすめ。

created by Rinker
OS-1(オーエスワン)
¥1,370 (2024/07/13 03:13:57時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめドリンク② 

こんな方に!

汗を大量にかいて、頭痛などを起こしやすいい方に

市販されているスポーツドリンクなかでも、塩分濃度が高めに配合されていることが特徴です。

大量に汗をかくと水分とともに塩分も失われてしまいます。そんな方に、素早く塩分も水分も同時に補給できるので、おすすめです。柑橘風味ですっきりとした味わいです。

created by Rinker
AQUARIUS(アクエリアス)
¥4,364 (2024/07/13 03:13:58時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめドリンク③ アクアソリタ

こんな方に!

経口補水液の風味が苦手な方向け

りんご風味の経口補水液で、飲みやすくおいしく設計されています。

日常での水分補給に最適で、スポーツドリンクに比べ塩分を多めに、しかし一般的な経口補水液よりは少なめに調整されています。

また、糖分も控えめなのでカロリーを気にされる方にもぴったりです。

created by Rinker
アクアソリタ
¥3,600 (2024/07/13 03:13:59時点 Amazon調べ-詳細)

使用について

スポーツドリンクは、屋外での仕事やアウトドア活動、スポーツ時の水分補給に適しています。一方、軽い熱中症の際には経口補水液が有効です。

妊娠中や授乳中にこれらの飲料を摂取することに特に問題はありませんが、幼い子どもには成人用スポーツドリンクを与える際には注意が必要です。これらのドリンクは糖分や塩分が多く含まれているため、子ども専用の製品を選ぶことをお勧めします。

経口補水液は母乳やミルクを飲むことができれば安全ですが、使用前に医師の意見を聞くことを推奨します。

医療機関を受診すべき場合

熱中症になった際には、涼しい場所で体を冷やし、適切に水分を補給してください。それでも症状が改善されない場合には、病院での診察を受けてください。

頭痛、嘔吐、全身のだるさなどの症状が現れた場合も、医療機関での診断と治療が必要です。市販の頭痛薬や吐き気止めの使用は症状をわかりにくくするため、避けてください。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。