免責事項この記事には広告が含まれます

うつ・パニック 自律神経

精神科医が教える「病気を治す感情コントロール術」の要点と実践法

created by Rinker
¥1,600 (2024/06/16 21:51:40時点 Amazon調べ-詳細)

現代社会では、ストレスや過労が原因で心身の健康を損なう人が増えています。

そんな中、精神科医である樺沢紫苑先生の著書『精神科医が教える病気を治す感情コントロール術』は、多くの人々に希望と実践的なアドバイスを提供しています。

本記事では、この本の要約と共に、専門的な観点からさらに深掘りして、病気を治すための感情コントロール術について解説します。

病気が治りにくい人の特徴とは?

病気が治らない人の共通点として「病気と戦う」という行動があります。

病気と戦う姿勢は、一見前向きに見えますが、実は逆効果です。ストレスホルモンであるアドレナリンやコルチゾールが過剰に分泌され、体の機能をさらに悪化させる恐れがあります。

また、自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になり続けることで、不眠や体調不良を引き起こすリスクが高まります。

戦わない方法:感情コントロールの具体的なアプローチ

樺沢先生は、病気を治すためには「戦わないこと」が重要だと説きます。具体的には以下の5つの方法が挙げられています。

  1. 病気と戦わない:病気を敵と見なさず、体からの警告と受け入れる。
  2. 医者と戦わない:医者との信頼関係を築き、一緒に治療を進める。
  3. 自分と戦わない:自分を責めず、過去の行動を改める。
  4. 薬と戦わない:薬を信じて飲むことで効果を高める。
  5. 完全に治すと戦わない:病気を完全に治すことを目指さず、少しずつ改善することを目標にする。

病気を治すための「受け入れ」「悪口を言わない」「感謝する」

病気や不調を改善するためには、感情のコントロールが重要です。樺沢先生は、「受け入れ」「悪口を言わない」「感謝する」の3つを提案しています。これらの行動は、科学的にも健康に良い影響を与えることが証明されています。

  1. 受け入れる:病気を受け入れることで不安を減らし、心理的な負担を軽減します。
  2. 悪口を言わない:人に助けを求めることでストレスを軽減し、他人との関係を良好に保ちます。
  3. 感謝する:感謝の言葉を口にすることで、エンドルフィンやオキシトシンといった健康効果のあるホルモンが分泌されます。

感情コントロールの科学的根拠

感情のコントロールが健康に与える影響は、多くの研究で裏付けられています。例えば、感謝の気持ちを持つことが免疫力を高め、ストレスホルモンのレベルを下げる効果があることが報告されています。

また、ポジティブな感情は脳の神経回路を活性化させ、うつ病の予防にも役立ちます。

まとめ

樺沢紫苑先生の『精神科医が教える病気を治す感情コントロール術』は、病気と戦わずに受け入れる姿勢を持つことの重要性を強調しています。

病気を敵視するのではなく、自分の体からのメッセージとして捉え、感情をコントロールすることで、心身の健康を取り戻すことができます。

本記事で紹介した方法を実践することで、多くの人々が健康を取り戻し、より豊かな人生を送る手助けとなることを願っています。

created by Rinker
¥1,600 (2024/06/16 21:51:40時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。