免責事項この記事には広告が含まれます

書籍

3か月で自然に痩せる!意志力ゼロで成功する3勤1休ダイエットプログラム

ダイエットを始めたい方や、現在取り組んでいるけれども思うような成果が出ない方へ。

今回は、リバウンドせずに3ヶ月間で自然に痩せる方法を紹介します。このダイエット方法は、好きなものを食べたり、お酒を楽しんだり、ハードな運動をしなくても効果が得られるのが特徴です。

唯一の条件は、3ヶ月間続けること。この記事では、治療家でダイエットコーチの野上浩一朗さんの著書をもとに、具体的な方法とその仕組みを解説します。

ダイエットの成功理由

努力・我慢・意志力不要の仕組み

多くのダイエットは、厳しい食事制限やハードな運動を要求しますが、このプログラムは異なります。

意志力に頼らない仕組みが用意されているため、誰でも続けやすくなっています。

例えば、3日間のダイエットと1日のオフを繰り返すというサイクルが特徴です。このサイクルにより、無理なく続けることができるのです。

3ヶ月かけて自然に痩せる

急激な減量はリバウンドの原因になりますが、このプログラムでは、体の自然なメカニズムに従って痩せていきます。3ヶ月という期間は、体が変化に適応し、持続的な体重減少を促すために十分な時間です。

この方法により、健康的に痩せることが可能です。

自分自身が変わる

一時的なダイエットではなく、生活習慣そのものを変えることを目指しています。

これにより、ダイエット後のリバウンドを防ぎ、長期的に健康的な体を維持することができます。

習慣を変えることで、ダイエットが終わった後も健康的な生活を続けられるのです。

3ヶ月間のルール

3日間のダイエットと1日のオフを繰り返す

このダイエットプログラムの基本は、3日間のダイエットと1日のオフを繰り返すことです。

例えば、月曜日から水曜日までダイエットを行い、木曜日にオフを取るといった具合です。このサイクルは、体と心に無理なく続けられるよう設計されています。

食事の時間制限

ダイエット期間中の3日間は、食事の時間を8時間以内に制限し、残りの16時間は食べない時間を設けます。

これにより、体が休まり、脂肪燃焼が促進されます。この時間制限は、無理なく実践でき、効果が実証されています。

食べる内容の注意

食事制限は特に厳しくありませんが、糖質が多い食べ物や脂っこい食べ物は避けることが推奨されます。

特に、糖質と脂肪の組み合わせ(例:ラーメン、カレーライス、ケーキ、フライドポテトなど)は避けるべきです。この注意点を守ることで、ダイエットの効果を最大化できます。

食事内容の推奨

和食中心のベース食

健康的な食事を続けるために、「まごわやさしいこ」を基本にした和食中心の食事が推奨されます。

「まごわやさしいこ」とは、豆類、ゴマ、ワカメ、野菜、魚、きのこ、いも類、米類の略で、これらの食材をバランスよく摂ることが理想です。これにより、必要な栄養素をバランスよく摂取でき、健康的に痩せることができます。

記録の重要性

毎日の食事と体重の記録

ダイエット中は、食べたものと体重を毎日記録することが重要です。

これにより、食べ過ぎを防止し、痩せない原因を特定することができます。また、記録を続けることで、体調管理にも役立ちます。

この習慣は、ダイエットの成功に欠かせない要素です。

オフの日の重要性

好きなものを1食自由に

オフの日は、好きなものを1食自由に食べて良いとされています。これにより、ダイエット中のストレスを軽減し、モチベーションを維持することができます。

この自由な1食があることで、ダイエットを続ける意欲が湧き、長続きするのです。

まとめ

3勤1休ダイエットプログラムは、リバウンドの心配なく、無理のないペースで自然に痩せることができる方法です。努力や我慢を必要とせず、生活習慣を変えることで、長期的に健康的な体を維持できます。

興味を持った方は、ぜひこの方法を試してみてください。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。