免責事項この記事には広告が含まれます

ダイエット

有酸素運動を超える脂肪燃焼効果!HIIT(高強度インターバルトレーニング)の秘密

現代のフィットネス界で注目を集めている高強度インターバルトレーニング(HIIT)。

その驚異的な脂肪燃焼効果は、従来の有酸素運動を凌駕すると言われています。

HIITの概要と効果

HIIT(High-Intensity Interval Training)は、20秒間の全力運動と10秒間の休息を繰り返すトレーニング方法です。

田畑プロトコルに基づき、オリンピック選手の心肺機能を向上させるために開発されました。

例えば、ダッシュ、バーピー、ジャンプスクワットなどが一般的な種目として挙げられます。

HIITのメリット

HIITの最大のメリットは、脂肪燃焼効果が非常に高いことです。

これは「アフターバーン効果」により、運動後もカロリー消費が続くためです。また、通常の有酸素運動と比べて筋肉量の維持がしやすく、心肺機能の大幅な向上が期待できます。

HIITの実践方法

HIITを始める際は、まずはウォーキングなどの軽い有酸素運動からスタートし、徐々に強度を上げていくことが推奨されます。特にエアロバイクは全力で行うことができ、効果的です。

重要なのは、体力が十分でない場合は無理をせず段階的に強度を上げることです。

HIITと筋トレの組み合わせ

効果的なトレーニングを行うためには、HIITを先に行い、10分程度の休憩を挟んでから筋トレを行う方法が推奨されます。

これにより、アドレナリンが高い状態で筋トレに取り組むことができ、効率的なトレーニングが可能になります。

まとめ

HIITは、脂肪燃焼効果が高く、筋肉量を維持しながら心肺機能を向上させるための効果的なトレーニング方法です。

始める際は、自身の体力に合わせて段階的に強度を上げていくことが重要です。HIITと筋トレを組み合わせることで、より効果的なトレーニングが実現できます。

これで、HIITの基本から実践方法、そしてその効果について理解が深まるでしょう。今後の健康維持とフィットネス向上にぜひ役立ててください。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。