首・クビの痛み

【頚椎ヘルニアの症状でしびれ】受診するべき診療科は?2つの可能性

投稿日:2018年7月23日 更新日:

 

「首が徐々に痛くなって、最近では手に痺れがあるけど何科に行けばいいの?」

「首を曲げると左手に痺れがあって痛みが強くなるけど治せるの?」

この記事は首の痛みや痺れでどこで治してもらえるか分からなくて困っているあなたのために書きました。

頚椎ヘルニアの症状でしびれを起こしてしまう原因とは?

痺れが起きているなら必ず神経が関わっています。肩や腕、手や指に痺れがあるなら首から指先に走行している神経が圧迫を受けている可能性を考えます。

さらに重篤な場合、脳や脊髄の中枢神経に障害がある可能性考えられます。

①末梢神経が圧迫を受ける場合【頚椎ヘルニアの症状でしびれ】

頚椎、頚椎椎間板の加齢変化によるもので、「頚椎症」、「頚椎椎間板ヘルニア」、「後縦靱帯骨化症」などの診断名を受けてしまいます。腕や指の感覚は「腕神経叢」と言う鎖骨の下を通る神経を経由します、この神経の圧迫は「胸郭出口症候群」でも起こります。

②中枢神経(脳、脊髄)の障害【頚椎ヘルニアの症状でしびれ】

脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、くも膜下出血、脊髄腫瘍などの症状の一部、もしくは前兆として麻痺が現れます。痺れとして自覚してしまうことがあります。

次の場合はすぐに病院を受診する必要があります。

すぐに病院へ連絡

1.言葉がうまく話せない、呂律が回らない、お箸やペンが持てなくなるなど指の細かい作業ができなくなる。

2.後頭部を鈍器で殴られたような痛みを感じる。視界が狭くなり、立ってられない。

3.失禁や頻尿もしくは便秘で踏ん張れない場合。

4.しびれや痛みが強くて立っても寝ても変化がない。

頚椎ヘルニアの症状でしびれで強い時に受診するべき診療科は?

一般的には、内臓などが原因であるなら内科的な原因による痛みやシビレは内科の病院へ、背骨や関節が原因であるシビレは整形外科へ、末梢神経が怪我や筋肉による圧迫によるシビレなら整形外科や神経内科へ、脳梗塞など脳の病気に原因があるシビレなら脳神経外科に受診すれば良いです。

とはいえ、自分でどの診療科を受診したら良いか、簡単に判断できる場合ばかりではないと思います。

一般には、シビレを感じた場合には近所の整形外科へかかることが多いと思います。医師は何科にかかっても診察の結果、症状がどうやって出てきたかという経緯を聞いた上で、病気や怪我の可能性があるかを判断します。そして緊急を要するものか薬を処方するべきなのか、外科的手術などが必要なものか、他の診療科やさらに大きな病院での精密検査を要するものなのか、などを判断しています。

「シビレ」を感じる場合には、様々な病気の可能性を考える必要があります。内科的な痛み止めなどの薬で効果がある場合もあれば、重篤なケースには整形外科や脳神経外科などで手術が必要になる場合もあります。

頚椎ヘルニアの症状でしびれで受診でたらい回し

当院でのケースをお話しします。

32歳 女性 坂本さんのケース【頚椎ヘルニアの症状でしびれ】

1ヶ月ほど前に首の痛みと両手のシビレと震えを感じて背近所の整形外科を受診。
レントゲンとMRIを撮影した結果「頚椎ヘルニア」と診断された。

痛み止めと週1回ほどの首の牽引とマイクロ波で温めていたが、全く改善せず。通院を3週間ほど続けたが、友達との別れ際の「バイバイ」で震えが強くなっていることに気がついて、このまま症状が重くなればどうなるかわからないと、怖くなり他に症状を改善してもらえないかスマホで調べて、当院を受診。

徒手検査の結果【頚椎ヘルニアの症状でしびれ】

「頚椎ヘルニア」は首の部分で神経を圧迫してしまい起こる症状ですから、それを増悪させるような検査があります。文面で見ると怖い感じがしますが、慎重に慎重を重ねてやりますので、ご安心ください。(^。^)

結果、頚椎部に異常が診られなかった。この時点で「頚椎ヘルニア」の疑いがかなり減ります。

整形外科では見つからない原因【頚椎ヘルニアの症状でしびれ】

病院での診断を尊重しつつ、「シビレ」の原因を説明します。この時の徒手検査で判断できたことは「末梢神経の圧迫の可能性」です。レントゲンやMRIの診断では、筋肉の硬さや神経の圧迫は見つかりにくいです。基本的には骨や関節の異常を見つけるために用いますので、筋肉の原因については見落とされてしまう可能性が高くあります。

近所の整形外科に通い続けていても、全く良くならないということがあるのはこのためです。

実際の施術【頚椎ヘルニアの症状でしびれ】

坂本さんの場合は肘の内側に「肘部管(ちゅうぶかん)」という小指に向かう神経のトンネルがあります。このトンネルの部分で圧迫を受けていることが判明し、緩める施術を行なった結果1回目で随分改善しました。
2回目でほとんど良くなったものの、背骨の歪みが見つかりました。

背骨の歪みを改善するための自宅でのストレッチを指導して2週間後に3回目の通院でほぼ完治していました。念のため、自宅でのストレッチを促して、1ヶ月の通院と整形外科の受診をお願いしました。

頚椎ヘルニアの症状でしびれで受診するべき診療科は?:まとめ

首の痛みと手の痺れがある際には整形外科や神経内科を受診するべきだとは思いますが、病院での診断もあなたの状態を知るための一つの手段であると言うことを理解しておくべきだと思います。
言い換えれば、病院での判断が全てということではありません。もちろんその道のプロフェッショナルですので尊重すべきであるとは思います。

しかし、レントゲンや MRI のような機械に判断を委ねるばかりに、あなたの体の状態を見ることがおろそかになっているケースがとても多く見られます。

このことはあなたも近所の整形外科へ行って経験済みだと思います。
「整形外科へ行っても湿布や痛み止めを処方されるだけ」
「整形外科でのリハビリは電気を当てるだけ」
と言う不安や疑問をあなたも持っておられるかもしれません。
今受けている治療で改善しないのであれば、治療法が間違っていると考えて次の行動へ移すべきだと思います。

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

-首・クビの痛み
-

今だけカウンセリング無料

Copyright© 糖質制限ダイエット!40代女性のためのダイエット|八尾市・杉本接骨鍼灸院 , 2018 All Rights Reserved.