腸活

「便秘と下痢のメカニズム」ちょっぴり詳しくなって腸内環境を改善

便秘と下痢のメカニズム

さまざまな病気の症状として、便秘と下痢が現れます。

しかし、病気などではなくとも、もっと身近なことでも下痢や便秘は起こります。

食事のかたより、ストレス、暴飲暴食、運動不足、冷え、加齢、感染症なども原因として考えられます。

便秘や下痢をしているときは、何かしらの原因があって、腸内環境の乱れのサインとして捉えていきましょう。

早めに察知することで、心身の健康の維持につながるはずです。

 

便秘と下痢のメカニズムとは

基本的な排便の流れは以下の通り

便の生成の流れ

1.食物は口腔で、唾液と混ざりながら、細かく噛み砕かれます。

2.胃に入り、強い酸性の胃液で、ドロドロに溶かされます。

3.粥状になった食べ物が、十二指腸に送られます。

4.胆嚢から胆汁、膵臓から膵液が十二指腸へ分泌。

5.消化物と消化液を合わせると、1日の送料が約9リットルになります。

6.小腸で約7リットル、大腸で約2リットルは吸収されます。

7.大腸で便が生成されます

小腸・大腸の水分吸収と下痢と便秘

腸が動くことを「蠕動運動」といいます。

蠕動運動が活発な時には、便の腸内の滞在時間が短く、水分吸収が不十分になります。

そこに腸からの水分分泌が加わると、軟便や下痢になってしまいます。

逆に蠕動運動が鈍い場合には、水分吸収が促進され、腸からの水分分泌も低下しますので、便秘になりやすくなります。

病気だけでなく、ストレスや運動不足、暴飲暴食などが、腸の働きに影響を与えて、便秘や下痢になってしまいます。

まとめ

解剖学、生理学のお話ですが、ちょっぴり構造と働きをしっておけば、違和感や痛みなどの異常がある際に、どこが悪いのか判断がしやすくなることがあります。

便の状態と合わせて、すこし詳しくなりましょう。

広告

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

XXX-XXX-XXXに電話する

© 2021 47歳の女性がなぜたった2週間で微動だにしなかった体重が減り始めるだけでなく体調までよくなったのか?