腸活

「クロストリジウムディフィシル」加齢に伴う免疫低下や抗生物質の使用時には注意

 

クロストリジウムディフィシル

 

老化菌の一種で、60歳以上で、疫力が低下するにつれて増殖する傾向にあります。

抗生物質を飲んだ時に、善玉菌の働きが抑制され、この菌が増えてしまい大腸炎を引き起こす可能性があります。

がんの治療薬を服用の際にも、この菌が増えてしまうこともあります。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

XXX-XXX-XXXに電話する

© 2021 47歳の女性がなぜたった2週間で微動だにしなかった体重が減り始めるだけでなく体調までよくなったのか?