腸活

【クロストリジウム属】食中毒の原因となることが多い菌の集団

クロストリジウム属の菌は、一般に嫌気性菌と呼ばれ、無酸素の状態でのみ増殖ができます。

酸素は菌を死滅させてしまいますが、クロストリジウム属の菌は、芽胞と呼ばれる厚い皮膜に包まれた球状体に変わることができます。

芽胞状態では、数年から10数年以上も生存することができます。

さらに芽胞の状態では、100℃で4時間以上の加熱にも耐えることができます。

121℃15分の高圧滅菌でやっとほとんどの菌を死滅させることができます。

この芽胞の状態は、発育条件がそろうと通常の菌体に戻り増殖を始めます。

食中毒の原因菌となることが多い菌の仲間です。

関連記事

大丈夫、すべてうまくいく

画像をクリックすると患者さんの本音が見ることができます。
限定1名
糖質制限ダイエットでぶよぶよにサヨナラした人多数!

続きを見る

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。