免責事項この記事には広告が含まれます

マタニティ・妊婦

産後女性が悩む腱鞘炎の原因「リラキシン」と対処法

産後の期間は女性の体に多くの変化が起こる時で、リラキシンというホルモンはこれらの変化に大きく寄与します。

特に、リラキシンの影響による腱鞘炎は産後の女性に頻繁に見られる問題の一つです。

リラキシンとは?

リラキシンは、主に妊娠中に分泌されるホルモンで、骨盤のリガメントや筋肉を緩め、出産時の産道を広げることを助ける役割を果たします。

産後もリラキシンの影響はしばらくの間体内に残り、リガメントや筋肉の柔軟性が高まった状態が続きます。

産後のリラキシンの影響

産後のリラキシンのレベルは徐々に減少しますが、完全に通常のレベルに戻るまでには時間がかかることがあります。

このホルモンが高い状態が持続する間、関節や腱の安定性が低下し、腱鞘炎やその他の筋肉系統の障害が発生しやすくなります。

産後の腱鞘炎

腱鞘炎は、腱が通る鞘(腱鞘)が炎症を起こす状態です。産後の女性では特に手首や指の腱鞘炎が一般的です。これは「産後の腱鞘炎」とも呼ばれ、多くの場合、赤ちゃんを持ち上げる動作や授乳の姿勢が原因で引き起こされます。

リラキシンの影響で腱やリガメントが通常よりも柔らかくなっているため、これらの動作が繰り返されることで炎症が生じやすくなります。

対処方法

産後の腱鞘炎を予防または治療する方法は以下の通りです:

  1. 適切な姿勢を保つ: 赤ちゃんを抱っこする際や授乳する際に正しい姿勢を心がけることが重要です。
  2. 休息をとる: 手や腕に過度の負担をかけないよう、適宜休息を取り入れることが大切です。
  3. サポートグッズの使用: 手首サポーターなどを使用して関節を安定させ、痛みの軽減を図ります。
  4. 物理療法: 物理療法士の指導の下、特定のストレッチや強化運動を行うことで、腱の健康を改善できます。

産後の腱鞘炎は適切な対策を講じることで大きく改善されることが多いですが、症状が続く場合は専門の医療機関での診察が必要です。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。