認知症・アルツハイマー病

1日3〜5杯のコーヒーがアルツハイマー病、認知症のリスクを下げる

投稿日:

フィンランドの大学の医学部での研究によると、1日3〜5杯のコーヒーを飲むことが晩年の認知症やアルツハイマー病のリスクを約65%減少させるという結果が報告されています。(1)。

このメカニズムはコーヒーそのものが効果を発揮しているというより、カフェインの作用や抗酸化力やインスリン感受性の増加のような他のメカニズムによって仲介された結果かもしれません。

また、同時に行われた研究では、お茶には同じような効果は見れませんでした。

他の研究では、1日にコーヒを2杯以下しか飲まない人と5杯以上飲む人は、毎日3〜5杯を飲む人よりもアルツハイマー病のリスクが高くなったと報告もあります。(2、3)

これは、断言するにはまだまだ追加の研究が必要、としていますが、1日 3〜5 杯のコーヒーが最適な量である可能性があります。

アルツハイマー病、認知症は今の所、特効薬や治療法がありません。まずは予防が大事ですね!

参考文献

1:Caffeine as a protective factor in dementia and Alzheimer's disease.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20182054

2:Does caffeine intake protect from Alzheimer's disease?
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1046/j.1468-1331.2002.00421.x

3:Habitual coffee consumption and risk of cognitive decline/dementia: A systematic review and meta-analysis of prospective cohort studies.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26944757

  • この記事を書いた人
アバター

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

072-943-6521

Copyright© カラダもココロも整える整体|杉本接骨鍼はりきゅう院|大阪・八尾市・東大阪市・柏原市 , 2019 All Rights Reserved.