腸活

旅行中など環境の変化で便秘になるのはなぜ?深すぎる「脳と腸の関係」

「旅行に行くと、決まって便秘になっちゃう!」という人が一定数いらっしゃいます。

他にも、大きな資格試験や、会社のプレゼンなどの直前に、トイレに行きたくなったり、急にお腹が痛くなってしまうというかたもいらっしゃいます。

この原因には、腸は「第二の脳」と言われるくらい、脳と腸との深すぎる関係が関わっています。

腸の深すぎる関係についてはこちら

腸内環境の理解が健康・ダイエットの常識を変える「脳と腸の関係」

「腸」のイメージ変わりつある? 「腸」というと、食べたものを消化吸収する臓器というイメージが強いです。 最近の研究では、腸内細菌のDNA解析が進んで、未知の領域だったことがわかってきています。 カラダ ...

続きを見る

緊張すると便秘になる場合

旅行先や緊張する場面で便秘になるのは、慣れない環境で脳がストレスを感じ、交感神経が優位になってしまうことで、腸の動きが低下することによります。

旅行以外でも、ストレスがかかる緊張状態が長い間続くと、悪玉菌が増殖してしまいます。

そして、様々な不調の原因になります。

緊張が続いているなら、リラックスして副交感神経を優位にし、交感神経の働きを抑えることが大切です。

緊張するとお腹を下す場合

また緊張する場面で、下痢になってしまう場合には、過敏性腸症候群が疑われます。

これは大きな仕事や人生のイベントで、失敗できないという強い不安から緊張状態になり、興奮を抑えようとし、副交感神経が働きすぎてしまうことで起こってしまいます。

副交感神経が優位になると、腸の動きが活発になりますが、過剰に働くことで下痢になってしまいます。

まとめ

精神的なストレスは、脳だけでなく、腸にも影響を与えます。

さらに、腸の不調は必要な栄養素の生成や吸収を阻害してしまいますので、脳の働きがさらに悪くなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

症状がひどい場合には、便秘薬や下痢止めを服用することも選択肢に入れておいて、症状がない時に、できるだけ腸内環境を整える生活習慣を作りましょう。

広告

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

XXX-XXX-XXXに電話する

© 2021 47歳の女性がなぜたった2週間で微動だにしなかった体重が減り始めるだけでなく体調までよくなったのか?