腸活

【ストレスと自立神経と腸の動き関係】ひどい便秘と爆食、時々、下痢

腸は自律神経と密接な関係があってお互いに影響し合っています。

自律神経は無意識で自動的に働いてくれています。

腸内細菌のバランスを整えて、腸の働きを良くすると自律神経のバランスが整います。

また逆に、自律神経のバランスを整えると、腸の働きも良くなります。

 

脳腸相関

腸と脳は「脳腸相関」という深い関係があり、腸に不調があると、脳に伝わり反応します。

有害な物質が侵入すると、排出するように働いて、下痢になったりします。

腸内環境の理解が健康・ダイエットの常識を変える「脳と腸の関係」

「腸」のイメージ変わりつある? 「腸」というと、食べたものを消化吸収する臓器というイメージが強いです。 最近の研究では、腸内細菌のDNA解析が進んで、未知の領域だったことがわかってきています。 カラダ ...

続きを見る

 

自律神経と腸の動きの関係

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類あります。
この2つの神経系がバランスよく働くことで自律神経が整います。

ところが腸が食べ物の消化物を送り出すための動きを「蠕動(ぜんどう)運動」といいます。

この「蠕動運動」を活発になるのは副交感神経が優位の時です。

 

ストレスと自律神経と腸の働き

ストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れます。

交感神経の働きが優位になり、副交感神経の働きが低下すると、腸の動きが鈍くなり、便秘になりやすくなります。

逆に、交感神経の働きが低下になり、副交感神経の働きが優位になると、腸の動きが活発になり、便秘になりやすくなります。

これらのパターンは便秘や下痢が起こる仕組みの一つです。

決まったパターンが起こるわけでなく、他にも腸の状態や腸内細菌の多様性にも左右されます。

 

ストレスによる腸の不調を改善するには

ストレスによる便秘や下痢を解消するには、腸内環境を整えることが肝心です。

そのためには、食物繊維(ブロッコリなどの野菜、キノコ、海藻等)や発酵食品(納豆、みそ、キムチ、甘酒、ヨーグルト等)をとり入れる食生活を心がけることが大切です。

広告

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

XXX-XXX-XXXに電話する

© 2021 47歳の女性がなぜたった2週間で微動だにしなかった体重が減り始めるだけでなく体調までよくなったのか?