腸活

ビフィズス菌「ビフィドバクテリウム」

 

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種。

整腸作用に加えて、病原菌の感染や腐敗物を生成する菌(いわゆる悪玉菌)の増殖を抑える効果があるとされている。

特に乳児の腸内に多く存在しています。

多くの乳酸菌と違い、酸素を嫌う性質があります。

発酵して、乳酸だけではなく酢酸やビタミンB群、葉酸も発生させるため、乳酸菌に分類されないこともあります。

ビフィズス菌は酸に弱く、胃酸によって死滅してしまうので、生きたまま腸まで届けることが難しいです。

腸内に存在しているビフィズス菌を増やすには、餌になる食物繊維やオリゴ糖などを摂取することが有効です。

もし腸内にこのビフィズス菌が存在するなら

以下の食品がおすすめ!

アスパラガスやタマネギ、ゴボウなどの野菜とリンゴやバナナなどの果物から食物繊維

味噌、漬け物などの発酵食品

ヨーグルトやチーズなどの乳製品

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

XXX-XXX-XXXに電話する

© 2021 47歳の女性がなぜたった2週間で微動だにしなかった体重が減り始めるだけでなく体調までよくなったのか?