免責事項この記事には広告が含まれます

アレルギー考

ユニク〇・エアリ〇ムの肌着を避けるべき5つの理由

  • 肌トラブルの原因になりやすい
  • 汗を吸いにくい
  • 臭いやすい
  • 有毒ガスを吸着しやすい
  • エネルギーの周波数が低い

化繊負けというと、ちょっと専門的に聞こえるかもしれませんが、実は私たちの身近な問題かもしれません。

具体的には、ナイロンやアクリルといった化学繊維を使った衣類を着用した際に、肌に不快な反応を示す現象のことです。化学繊維に敏感な方は、これらの素材と肌が触れ合うことで、かゆみやかぶれ、湿疹といった症状に悩まされることがあります。

例えば、セーターを着て「チクチクするな」と感じたことはありませんか?

あるいは、特定の下着を着た後に、肌がかゆくなった経験は?

また、シャツを着て腕に湿疹が出たことがあるなら、それは化繊負けのサインかもしれません。

こうした不快な体験は、実は身の回りのものが原因で起こっていることがあります。

化繊負けは、化学繊維に敏感な人にとってはよくある肌トラブルなのです。だからこそ、自分の肌に合う素材を見つけることが、快適な毎日を送るための鍵になります。

おすすめの肌着

メリノウールはその特性から、「天然のエアコン」とも称されます。

これは、夏には爽やかで冬には温かく、四季を通じて快適に過ごせることに由来します。

個人的に感じる最大の利点は、汗をかいても素早く乾燥する点です。メリノウールの吸水性はポリエステルの30倍にも及びます。

また、生地の品質を示す周波数において、ウールは麻とともに最高品質を誇る素材の一つです。

肌トラブルの原因になりやすい

この肌着は100%化学繊維でできているんです。化学繊維、特にポリエステルはアレルギー反応を引き起こすことがあります。

その素材はテレフタル酸とエチレングリコールから作られていて、特にエチレングリコールは毒性があります。

アレルギーって、身の回りにある何気ないものが、実は私たちの体に反応を引き起こす原因になっていることがあります。

かゆみや発疹、赤み、湿疹といったアレルギー症状は、特定の原因物質によって起こされます。

ほかにも、合成洗剤、金属、スキンケア製品など、生活のあらゆる場面で接触する可能性のある物質も、アレルゲンとなり得ます。

衣服自体ではなく、その中の金属部分や洗濯に使用される合成洗剤によってアレルギーが引き起こされることもあるのです。

だからこそ、アレルギーに対する理解と注意がとても重要になるのです。

汗を吸いにくい

ポリエステルは速乾性に優れていますが、汗の吸収力が弱いです。

その結果、汗が肌に残り、肌を刺激しやすくなるんです。

臭いやすい

ポリエステルは油やタンパク質となじみやすく、汗や皮脂による汚れを引き寄せがちです。

この汚れが雑菌の温床になり、嫌な臭いの元になります。

有毒ガスを吸着しやすい

なんと、ポリエステルは有毒ガスやホコリを吸着しやすい性質があります。

ホルムアルデヒドなどの化学物質は健康に悪影響を及ぼすことが知られています。

エネルギーの周波数が低い

化学繊維の服を着ると、身体にマイナスの影響を与える可能性があります。

研究によると、リネン(麻の一種)コットンやメリノウールのような天然素材の方が身体には良いとされています。

結局のところ、コットン100%やメリノウールの肌着がおすすめですね。肌に優しく、快適に過ごせるアイテムを選ぶことが大切です。

布の周波数に関する研究

2003年、ユダヤ人の医師であるハイディ・イエレンが布の周波数に関する研究を行い、健康な人間の体は基本周波数が100であり、100単位以下のエネルギーを持つ素材を身につけると私たちの健康が損なわれることを示しました。

各種布はmHz(メガヘルツ)で測定可能な周波数を放出します。

オーガニックコットンは110 mHzの値が測定されており、ポリエステルは約10 mHzです。

病気の人は一般に15 mHzを測定します。

ウールとリネンは両方とも5000 mHzの特徴を持っています!

この驚くべき天然の特性は、それを着ることであなたの体にエネルギーを与えます。

しかし、リネンとウールを一緒に着用することは避けるべきです。

なぜなら、リネンとウールの繊維の周波数は逆の電流方向で走るため、一緒に着ると両方の周波数が打ち消し合い、結果として0になってしまうからです。

化繊負けにお悩みの方へ:対策と予防のコツ

化繊負け、つまり化学繊維による肌トラブルは、かゆみやかぶれといった不快な症状を引き起こすことがあります。そんな時、「どう対処すればいいの?」と思われる方も多いでしょう。

なるべく天然繊維の衣服を選ぶ

まず、肌トラブルを避けるための一番のコツは、化学繊維を極力避けることです。

例えば、インナーはナイロンよりもコットンなどの天然繊維を選ぶと良いでしょう。特に、女性のインナーに多いナイロン素材は避け、肌に優しい素材を選びましょう。

また、速乾性のある下着や冬用の暖かいインナーも、実は化学繊維が多く含まれています。

見た目や触り心地が天然素材と変わらなくても、購入前には必ずラベルをチェックしてください。

アウターについても、肌に直接触れる部分があれば天然繊維を選ぶか、首元にシルクなどの天然素材のスカーフを巻くことで、肌への刺激を減らすことができます。

患部には触らないようにする

化繊負けが起きてしまったら、とにかく患部をかかないようにしましょう。

かゆみはヒスタミンの放出によるものなので、かくことで一時的に楽になるかもしれませんが、結局は症状を悪化させてしまいます。

かゆみが強い場合は、皮膚科での診察を受けたり、薬局で適切な軟膏を購入して対処しましょう。

静電気を防ぐ工夫

さらに、静電気も化繊負けを引き起こす要因の一つです。

静電気を防ぐには、室内の湿度を適切に保つことが大切。加湿器を使用したり、室内で洗濯物を干すことで湿度を調整しましょう。

しかし、湿度が高すぎるとカビやダニの原因となるので、約60%を目安にしましょう。

肌の保湿も重要です。特に乾燥する季節には、入浴後や日中に乾燥を感じた時は、ローションやクリームでしっかりと保湿しましょう。また、過度な洗浄や熱いお湯での入浴は避け、肌に優しい洗い方を心がけてください。

最後に、洗濯時の静電気防止には柔軟剤が有効ですが、肌に刺激を与えることがあるため、無香料や適切な使用量に気をつけることも大切です。

化繊負けに悩むことなく、快適な日々を送るためには、これらの対策と予防を心がけることが重要です。肌との相性を考えて、適切な衣類選びとケアを行いましょう。

おすすめ肌着

綿100%製の肌着で、国内ブランドのグンゼ製です。

グンゼのアイテムは品質が良いためお勧めします。何度洗濯しても型崩れしにくく、耐久性があるのが特徴です。

created by Rinker
GUNZE(グンゼ)
¥783 (2024/06/21 08:23:07時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

着用する衣服によって肌がかゆくなったり、チクチク感があったり、かぶれたりする場合は、化繊負けしているかもしれません。

このようなトラブルを避けるためには、天然素材のインナーやアウターを選ぶ、肌を適切に保湿する、部屋の湿度を適正に保つなどの対策が効果的です。

かゆみを感じたからといって掻くと症状を悪化させてしまうので、自宅でのケアで改善しないときは、専門医に相談することをお勧めします。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。