不安の検索結果 248 件

【ワクチン】特に子供に打たせるワクチンに「疑問」「不安」を感じて調べたこと

これまで自分自身も、子供三人とも、何の疑問も持たずに母子手帳や医師・厚労省が勧奨するままに、ワクチン接種をしてきました。 それでも、なぜこのタイミングで「ワクチン」に疑問や不安を感じるようになったか? それは、コロナ禍での経験が大きく影響していると思います。 コロナが話題になった2019年の終わりから3~4年間、多くの医師がテレビやマスコミで、ワクチンの利点を強く推奨する中で、その安全性や効果に慎重な姿勢を示す人々は少数派でした。 慎重になって、打つかどうか迷っているひとを「反ワク」とレッテルを貼ってまで ...

不安を手放す:40代のためのリラックス法

1. はじめに:40代のストレスと不安の特徴 40代は、キャリア、家庭、そして自己実現の交差点に立つ年代と言えます。 科学的に見ると、この時期はストレスホルモンであるコルチゾールのレベルが変動しやすく、不安やストレスが高まりがちです。 これは、仕事の責任が最も重く、子育てや親の介護などの家庭の負担が増加するためです。 また、この年代は体の老化も感じ始める時期であり、これがストレスへの感受性を高める要因になることがあります。 しかし、ストレスと上手に付き合う方法を学ぶことで、この時期の挑戦を乗り越える手助け ...

不安定な日々にサヨナラ:40代女性のメンタルヘルス強化法

はじめに:40代女性のメンタルヘルスの現状 40代女性は、仕事、家庭、親の介護など多岐にわたるストレス源に直面しやすい時期です。 この年代は更年期の始まりとも重なり、ホルモンの変動が心理的不安定さを引き起こす可能性があります。 科学的研究では、エストロゲンの低下が気分変動に影響を及ぼすことが示されています。 また、社会的役割の変化や子供の成長に伴う「空の巣」シンドロームも、メンタルヘルスに影響を与える要因とされています。この段階でのメンタルヘルスの理解とケアは、長期的な健康維持に不可欠です。 自己認識の重 ...

日常の過度な不安を乗り越える:全般性不安障害(GAD)の理解と対処法

GAD(全般性不安障害)とは何か?女性における症状の特徴 全般性不安障害(GAD)とは、特定の原因や状況に関係なく持続的な不安や心配を感じることを主な特徴とする精神障害の一つです。この不安は、日常生活の様々な面にわたり、6ヶ月以上続くことが診断の基準となっています。 特に女性におけるGADの症状は、男性よりも身体的な症状が出現しやすいという研究結果もあります。 例えば、疲れやすさ、頭痛、胃腸の不調、筋肉の緊張などが報告されています。さらに、月経周期とホルモンの変動がGADの症状に影響を及ぼすことも指摘され ...

持続的な心配がつきまとう:一般性不安障害(GAD)とは?

女性としての日々の生活は、家庭、仕事、人間関係、自分自身の体の変化など、さまざまな要因からのストレスを感じることが多いものです。時には、そのストレスが持続的な心配や不安に繋がり、私たちの心や体のバランスを乱してしまうことがあります。 一般性不安障害(GAD)は、そんな持続的な不安が主な症状として現れる状態を指します。 今回のブログでは、GADとは何か、私たちの日常にどのように影響を及ぼすのか、そして西洋医学と東洋医学、食事の視点からの対策方法について詳しくお伝えします。 一般性不安障害(GAD)の基本:私 ...

【気滞】体質かも?「イライラ、不安、のどの違和感」

「最近、何となくイライラすることが多い。不安を感じることが続き、何故かのどに違和感も…。 こんな症状、あなたも経験したことはありませんか?これらは一見関係なさそうですが、実は「気滞」という体質が関連しているかもしれません。 1.気滞の概念:エネルギーの滞りを理解する 気滞とは、体内の「気」の流れが滞ることを指す東洋医学独特の言葉です。「気」とは、私たちが「元気」や「気が晴れる」というときに使うエネルギーや活力を示すもので、体と心の健康を維持するための重要な要素です。 この「気」が不足すると「気虚」といい、 ...

お家でできる「不安」を軽減する10の方法

睡眠の質と時間を確保する。カフェインを摂りすぎない。瞑想する。バランスの取れた食事をする などの生活習慣の改善は、「不安」を軽減するために大いに役立ちます。 心療内科や内科病院では、上記のような生活の質を高めるための、本当の意味での指導をすることはほとんどありません。 通院することと服薬以外にケアを受けていないのであれば、不安の治療について持続的なケアを受けることができる専門機関を探す必要があります。 みんな不安を抱えている、だけど・・・ ある程度の不安は、みんな抱えているもの。目まぐるしく情報が行き交う ...

ハシモト病で代謝が下がり、普通のダイエット法では不安だった

来院前の状態 3年前に橋本病と診断。 それまでは50キロをキープしていた体重が徐々に増えて、10キロプラスの64キロに。 自分なりに、糖質制限やMEC(MEAT、EGG、CHEESE)食などを試してみたものの、効果なく、持続もできず。 パーソナルトレーニングでのダイエットは自分には合わないと、いろいろ探しているところ当院に問い合わせ。   カウンセリング 橋本病は代謝が下がって太りやすくなる病気でもありますが、ご覧の通り、食事は一般の人の食事と変わりませんでした。 運動もしないのでは、体重が増え ...

52歳 161cm 膝の痛みの再発が不安で仕方【更年期 女性 ダイエット】

  52歳 161cm 膝の痛みの再発が不安で仕方なくて   カウンセリング時の食べ物   糖質量を見直すことから始まる。 今回は1日に200g以上の糖質を摂取している日もありました。 膝のために、できるだけ死ぬまで自分の足で歩けるようにしたくて、糖質の摂取量を1日30gまでに抑えるように頑張りました!   結果 途中すこーし緩みながら、約10キロの減量に成功! 撮影時よりさらに、53.8キロまで落とせました!

ダイエットって難しい。痩せれるのか不安になっていました。47歳女性

47歳女性 カウンセリングの内容から ほんとに全然痩せないのですが…どうすればいいですか? 現在47歳、ここ2、3年何をやっても体重が減りません。 今年に入って、夜ご飯は米を抜いて、ストレッチは毎日やってます。 筋トレも週4ぐらいでやり、最近では1時間ほど歩いてます。 それでも半年で3キロしか落ちない。 ジュースや砂糖の入っているドリンクは飲みませんし、お菓子はストレスを溜めない程度に食べます。 何が原因ですか? 今年中に7キロ痩せたいです。 体重よりも太もも周りや骨盤がでかいのは筋トレやストレッチで変わ ...

膝の痛みで目覚めてしまうくらいに酷くなってとても不安だった

一年ほど前から左膝に痛みがあり近くの接骨院や整形外科などに通っていました。 少し良くなっては、すぐに痛みが戻るといった感じでした。 最近では、寝ている時も痛みで目覚めてしまう程にひどくなっていました。 近所の整形外科や整骨院ではダメだと思い、スマホであれこれ検索し杉本先生を見つけました。 迷いや不安ももありましたが、歩けなくなるのが怖いので、駄目なら又別を探そう・・・くらいの気持ちで予約の電話をさせて頂きました。 初回の施術で 初回のお試しでは、痛くなった時期や原因、治療の経緯をじっくり聞いて下さいました ...

【栄養素のチカラ】骨盤矯正でダイエットできるかどうか不安なあなたへ

骨盤矯正でダイエットを考えたことはありますか? 骨盤矯正で痩せるかどうか? 骨盤矯正だけ痩せることは絶対にありません。 骨盤矯正の効果とは? 整体院やサロンの広告でよく見かける「骨盤矯正ダイエット」。 骨盤の歪みを矯正することで、内臓の働きを整え、血流も代謝も改善して、「痩せやすい体質を作る」「骨盤を引き締めてウエストが細くなる」というのが理由です。 骨盤矯正を受けて、ダイエットが叶うなら是非受けて観たいと思うのが心情だと思います。 でも、実際の効果はどうなのでしょうか? 実際のところは、骨盤矯正をうけて ...

女性の不安症状を改善する実際に効果があった10の対処法と生活習慣

「ストレスを感じると心臓がバクバクしてしまう。」 「毎日の仕事の重責に手に汗が吹き出て、逃げ出したい。」 不安になることはストレスに対してのごく当たり前の反応です。不安にさせてしまうようなストレスを「トリガー」と呼びます。 「トリガー」としてよく認識されていることとして 新しい職場への最初の出勤日 仕事上、重要なプレゼンを任される 彼女のお父さんに結婚の許しをもらう 昇進して責任が与えられる 不安と立ち向かったり、上手く付き合っていくためにもっとも重要なことは「トリガー」を明確にすることです。しかし、「ト ...

「階段を登るだけで動悸が止まらず不安だった」生活を見直すきっかけに

大阪府八尾市在住 41歳 小学校3年生と5年生の母親です。 3年前に下の子が小学校へ入学したのをきっかけに、学校へいってくれている間に始めたパート。 荷物を持って2階へ上がることが1日に数回。初めの頃はらくらく上がっていたはずなのに、だんだんと階段が辛くなり、ついには動悸が激しくなった。 はじめは気のせいと思っていたけど、動悸もどんどんどんどん強くなっていく。荷物もそれほど重いとも言えない。「なぜ?どこか悪いの?」と不安になる。 ただ思い当たる節がひとつ、それは体重。 【ダイエットの動機が動悸?】階段で息 ...

うつ、不安、パニックを改善する栄養を徹底指導するはりきゅう整体院|布施、河内小阪、八尾、河内山本

うつ病、不安症、パニック障害などのココロの乱れを整えるためには、徐々にでいいので、「自分自身を信じる力」を回復しないといけません。病院でのお薬での処置以外に次の3つのことが必要です。 ①【食事の改善】 低糖、高タンパク質食で意欲を上げる栄養を体内で合成 ②【心理的アプローチ】 アロマと温灸、メンタルヒーリングによるトラウマのケアおよび除去 ③【血流・代謝アップ】 無痛整体、温灸、ツボ刺激による自律神経バランスの整復 これら3つ観点からあなたの状態を把握し、アプローチします。 よくなりたい「意識」とそうでき ...

【書籍】「ちょっとお疲れのあなたが読むだけでフワッと癒やされる本 精神科医が教えるラクな生き方」

現代社会では、多くの人々が仕事、家庭、そして人間関係のストレスに押しつぶされそうになっています。 特に真面目な性格の人は、その責任感ゆえに自分自身を追い詰めがちです。そんな方々に向けて、精神科医が提案する「ラクな生き方」をご紹介します。 本書を通じて、疲れた心と体を癒し、より健やかで充実した生活を送るためのヒントを見つけてみてください。 仕事や家事、育児で疲れているあなたへ 現代人は仕事や家事、育児に追われ、日々のストレスに悩まされています。特に真面目な性格の人は、その責任感から自分を追い込みがちです。 ...

メンタルを強くする食習慣:精神科医が教える実践ガイド

現代社会において、メンタルヘルスの重要性はますます高まっています。 ストレスフルな生活環境や不規則な食生活が、心の健康に大きな影響を与えることは広く知られています。 本記事では、飯塚洋先生の『小さな町の精神科の名医が教えるメンタルを強くする食習慣』に基づき、メンタルヘルスを改善するための具体的な食習慣について詳しく解説します。 小さな町の精神科の名医が教えるメンタルを強くする食習慣 created by Rinker アチーブメント出版 ¥1,460 (2024/06/17 16:33:28時点 ...

精神科医が教える「病気を治す感情コントロール術」の要点と実践法

精神科医が教える病気を治す 感情コントロール術 created by Rinker ¥1,600 (2024/06/16 21:51:40時点 Amazon調べ-詳細) Kindle Amazon 楽天市場 現代社会では、ストレスや過労が原因で心身の健康を損なう人が増えています。 そんな中、精神科医である樺沢紫苑先生の著書『精神科医が教える病気を治す感情コントロール術』は、多くの人々に希望と実践的なアドバイスを提供しています。 本記事では、この本の要約と共に、専門的な観点からさらに深掘 ...

パニック障害の症状と治療方法を徹底解説

パニック障害とは? パニック障害は、突然理由もなく強い不安や恐怖が襲ってくる病気です。これらの発作は「パニック発作」と呼ばれ、動悸や息切れ、息苦しさ、さらには「死んでしまうのではないか」という極度の不安感を伴います。 これらの症状は日常生活に大きな影響を与え、頻繁に発作が起こる場合には、外出や人との関わりを避けるようになり、生活の質が低下します。 パニック発作の発症メカニズムは、脳の不安や恐怖に関わる機能障害に起因します。 個人の性格や意志の弱さとは関係なく、適切な治療を受けることで症状を管理することが可 ...

パニック障害の症状と治療:薬に頼らない栄養療法のすすめ

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった (光文社新書) created by Rinker ¥814 (2024/06/16 21:51:41時点 Amazon調べ-詳細) Kindle Amazon 楽天市場 [海外直送品]NOW Foods(ナウフーズ) 鉄分(ビスグリシン酸鉄) 36mg 90粒 created by Rinker NOW ¥1,599 (2024/06/16 21:51:42時点 Amazon調べ-詳細) Amazon 楽天市場 アウトライン ...

【氣と精神】五行論で紐解く五臓と感情—健康と病気に関わる東洋医学の知恵

五臓六腑とその精神性について詳しく説明します。 五臓六腑は東洋医学において重要な概念であり、それぞれの臓器が精神とどのように関連しているかを理解することが重要です。 五臓六腑の基本概念 まず、五臓とは肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓のことで、これらの臓器は精神と深く結びついています。 例えば、肝臓は怒りと関連しており、肝臓の不調は怒りっぽさに影響することがあります。 また、心臓は愛や喜びと関連し、心臓の不調は恋愛のトラブルや嫉妬に影響を与えることがあります。 脾臓は共感や思い煩いに関連し、過度な共感や心配が脾臓 ...