腸活

【フェカリバクテリウム】炎症抑えてくれる菌と高カカオ

炎症抑えてくれる菌 フェカリバクテリウム(フィーカリバクテリウム)

属:Faecalibacterium

体の炎症を抑える作用やアレルギーを抑える作用がある菌といわれています。
フェカリバクテリウム プラウスニッツィは極端に酸素に敏感な細菌のため、便の中に多く存在します。

ヒトの全腸内細菌のおよそ5%を占めると考えられています。

また、この菌は酢酸を消費して、健康に有益な酪酸を産生します。

この菌の増加は腸内環境を向上させることがこれまでの様々な研究により示されています。

高カカオで増える!

高カカオチョコレートを摂取すると、フェカリバクテリウム属が腸内細菌(フィーカリバクテリウム プラウスニッツィ:Faecalibacterium prausnitzii)で占める割合を増加することもわかっています。

参考文献 https://www.foods-ch.com/news/press_314100/

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

XXX-XXX-XXXに電話する