ホルモンバランスが崩れやすい40代女性のための整体

40代・ダイエット

ダイエットで食事をタンパク質中心にしたら20キロ減らせたよ!

投稿日:2018年6月23日 更新日:

 

「なんどダイエットしてもリバウンドの繰り返し」

「なんとか20キロ減らして、違う人生にしたい!」

この記事は、3ヶ月で20kg減量に成功した46歳の主婦のダイエット成功までの道のりを書きました。

「20キロ減らせたことが自信になった」46歳女性 162cm、116kg。

小学校3年生から健康診断では太りすぎ、いわゆる肥満児の診断を受け続けていました。だからどこかで痩せるということに対して意識が全くなかった。でも結婚して子供生まれて外出すると周囲の目がどうしても気になるようになりました。

ダイエットで食事をタンパク質中心にして20キロ減らすまでに試したこと

自分でもダイエットを何度か試してみましたが、その都度リバウンドの繰り返し。20代の頃から疲れやすく、頭痛や肩こりはずっとあって、これも持病は体質のせいだと思っていました。

過去のダイエットでは20キロ減らせたけど、リバウンドも

18歳の頃には90 キロから70キロ に落とせてその時は運動をしっかりと頑張ったけれども結局は、妊娠と出産の後にリバウンドしてしまった。でも、18歳の頃をもう一度繰り返せばまた痩せられると思い、今回もダイエット目的でウォーキングから始めた。

ダイエットで20キロ減らすために、我流でダイエット

しかし、18歳の頃の体力なんて当然なくなっていて、46歳になるまで運動を全くしなかったせいで、2キロぐらい歩くだけで腰が痛くなるような始末。

じゃ、食事制限をということで、ご飯をお茶碗半分くらいにして、おかずで満足しようとしたダイエット。そのおかずも揚げ物NGで野菜を増やしで満腹感を出すようにやりました。
この生活を1ヶ月続けると、確かに、洋服サイズがダウンして、パンパンだったGパンのボタンがゆるゆるになりまでに!

ダイエットで20キロ減らすことができるかも?

しかし、本来、ごはんのお供も大好きなので、明太子、佃煮、つけものなどまで我慢
しててストレスも限界!のところに、揚げ物の誘惑、焼きたてパンの抵抗できない香り、家族と行く中華レストランでのチャーハンの香り・・・結局、我慢のストレスに負けました。

ダイエットで20キロ減らせると思ったけど、またリバウンド

順調に減ってきた体重が、みるみる間に元に戻って、お腹回りもズボンがきつくなって・・・。
このままでは痩せるなんて無理!と思い、ネットで調べてたどり着いたのがルリーズ整体。自宅からは少し遠かったけれども、車を運転することは苦に感じないので、思い切ってカウンセリングを申し込み。

ダイエットで食事をタンパク質中心にした結果

カウンセリングでは通常の食生活を細かく指摘してくれて、「何を食べるべき」で「何を食べないべき」かということをきちんと明確にしてくれたのが3ヶ月コースを申し込む後押しをしてくれた。

特に、これまではカロリーをできるだけ抑えていて、いかに空腹に耐えるか次第だったダイエット。でも、タンパク質ならお腹いっぱいに食べてもいいって言われた。にわかには信じられなかったけど、理にかなってるし、何よりみんな成功してるっていうことも安心。

ダイエットで食事をタンパク質中心にした具体的な食事内容

継続できるダイエットは、無理な食事制限や急に始める運動ではなく、質のいいタンパク質を摂ることや適切な筋力アップのための運動やトレーニングなどを日課にすることです。
タンパク質を摂ると筋肉への栄養が補充されます。しかし、タンパク質を多く摂取するために脂質の量が増えてしまうと体脂肪がつきやすくなってしまいますので、注意が必要。

ポイントはしっかりタンパク質を摂取しながら、脂質の摂取量を気をつかないといけない。お肉の場合は特に注意が必要で、いいお肉には霜降りが多くて、脂肪が多い。肉の場合はヒレ肉や鶏肉などを選ぶようにしたほうがいいです。

タンパク質を多く含む食品としては肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品などがある。

お肉やお魚にはタンパク質が多く含まれると思いがちですが、牛肉100グラムに対して約20グラムのタンパク質が含まれるだけです。

多くのお肉を食べたからといって、タンパク質も多く取れているとは限りません。 植物性の食品である豆腐や大豆製品に含まれるタンパク質量はさらに減ってしまいます。
「食事で摂取するのは大変なので、プロテインも有効活用するべき。

プロテインに関してはこちらをどうぞ 【女性のダイエットでおすすめのプロテイン】ダイエットも美肌も手に入れろ!

ダイエットで食事をタンパク質中心にすると空腹が感じない

結局車で40分ぐらいの距離を週に2回もしくは3回通って3ヶ月。途中停滞期は何度かあったけれども、その時には自宅でできるような軽い運動からストレッチを教えてもらえたのがとても助かったし嬉しかった。一週間ほど停滞期を感じても少し運動を入れるだけでまた数字が落ちていくということを一緒に経験させてもらった。

ダイエットで食事をタンパク質中心にしてリバウンドは・・

116キロあった体重も3ヶ月後には96キロまで落とすことができた。その後も継続して月に一度メンテナンスに通うことでコンスタントに体重を落とすことができた。4月から始めたダイエットが6ヶ月後まで続いたことにもびっくりだし、結果として30 kg 以上落とすことができた。

ダイエットで食事をタンパク質中心にして20キロ減らせた!

目標体重の60キロまではまだまだ先が長いけれども、焦らずにじっくり取り組むということを今回のダイエットで教えてもらいました。 テレビのコマーシャルなどでは「3ヶ月で10 kg 減りました!」などつい引き込まれそうになるようなダイエット方法はたくさんありますが、どれもリバウンドについて説明しているものがないことがやっと分かりました。

ダイエットで食事をタンパク質中心にすると、一生続けられる

リバウンドしないようにするためにはまずは栄養を考えて食事をすること。その後リバウンドを予防するための運動を日課として取り入れること。たったこれだけのことでダイエット成功する。一生続けられるダイエットです。

ホームページへ戻る

免責事項:掲載情報には個人差があり、全ての人に当てはまるというものではありません。

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。

Copyright© 腰痛をついでに治すダイエット|杉本接骨鍼はりきゅう院|八尾・東大阪 , 2019 All Rights Reserved.