免責事項この記事には広告が含まれます

認知症・アルツハイマー病

効果なし?脳トレよりも筋トレを!認知症予防の新常識

認知症の予防や改善方法について、多くの人が脳トレを試みています。

しかし、最新の研究と専門家の意見によると、脳トレよりも筋トレが認知症予防に効果的であることがわかってきました。

この記事では、認知症予防における筋トレの重要性について詳しく解説します。

1. 認知症の原因と薬の限界

認知症の主な原因とされるアミロイドベータというタンパク質。

しかし、それを除去する薬が効果を示さないため、アミロイドベータが原因でない可能性が指摘されています。

製薬会社もアミロイドベータをターゲットにした薬の開発を断念しています。

2. 運動の効果とBDNFの役割

運動が認知症予防に効果的であることは多くの研究で示されています。

運動によって脳内のBDNF(脳由来神経栄養因子)が増加し、これが脳の神経を発達させ、認知症予防や学習成績の向上につながります。

有酸素運動だけでなく無酸素運動も有効です。

3. 筋トレとマイオカインの効果

筋トレによって筋肉から分泌されるマイオカインという物質も認知症予防に役立つ可能性があります。

マイオカインは炎症を抑え、神経の健康を保つ役割を果たします。

筋トレが推奨される理由の一つです。

4. 栄養の重要性と推奨されるサプリメント

栄養も認知症予防において重要です。

特にトレオン酸マグネシウムが脳に入り、認知機能を向上させます。

また、ケトジェニックダイエットやケトン体のサプリメントも効果があります。

これらのサプリメントは個人輸入が推奨されています。

created by Rinker
¥5,827 (2024/06/21 20:40:41時点 Amazon調べ-詳細)

https://iherb.co/4RmKSR7w

5. ストレス管理と運動の実践方法

認知症予防には、若い頃からの習慣が大切です。ストレスを避け、適度な運動を行うことが重要です。

簡単な運動としてスクワットを1日20回程度行うことが推奨されます。

家族と一緒に運動することで、高齢者も運動を続けやすくなります。

まとめ

認知症の予防には、単なる脳トレではなく、筋トレや適切な栄養摂取、ストレス管理が不可欠です。

日常生活にこれらの習慣を取り入れて、認知症予防に努めましょう。運動や栄養管理は今すぐ始められることです。家族や友人と一緒に、楽しみながら健康を守りましょう。

関連記事

免疫事項

  • この記事を書いた人

杉本敏男

大阪八尾市でダイエットと腰痛を栄養で解消する整体院を経営しています。身体だけでなく精神的な痛みや疲れも栄養を変えれば大抵は改善してしまいます。もしあなたがどこへ行ってもよくならない、痛みを抱えておられるのであれば当院へ一度、お越しください。